• TOP
  • スポーツ
  • 松山英樹 メジャー制覇への秘策は「宮里藍コーチ」

スポーツ

2017.06.28 07:00  週刊ポスト

松山英樹 メジャー制覇への秘策は「宮里藍コーチ」

全米オープンで2位となった松山英樹

 ゴルフの全米オープンで2位となった松山英樹(25)。1980年の青木功(74)に並ぶ快挙で、世界ランキングも日本人初の2位に浮上した。NHKの米ツアー解説者を務める沼沢聖一プロが今大会の松山のプレーを振り返る。

「ドライバーの飛距離、アイアンの精度は世界でも群を抜いている。課題だったパットも今大会のグリーンに合い、タッチもラインの読みも良かった」

 だからこそ悔やまれるのは、スコアの“乱高下”である。

「ビッグスコアを叩き出した2日目、最終日のようなプレーを初日、3日目にも出せていれば、間違いなく優勝できた。特に初日82位の出遅れは痛かった」(同前)

 この原因は「メンタル」にあると沼沢プロは指摘する。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス