• TOP
  • ライフ
  • 藤井四段 「進学」か「中卒」か、どっちがいいのか

ライフ

2017.08.02 07:00  週刊ポスト

藤井四段 「進学」か「中卒」か、どっちがいいのか

『棋士とAIはどう戦ってきたか』などの著書があるルポライター・松本博文氏もいう。

「将棋に『遅咲きの天才』というのはまずない。10代後半は頭脳が柔軟で一番棋力が伸びる時期。だからこそ藤井四段は“少しでも時間が惜しい”と考えているのではないか。藤井四段は天才中の天才です。膨大な時間を将棋に費やせば、過去の天才をはるかに凌ぐ可能性はあります。ただし学業との両立も悪いことばかりではありません。生活にメリハリができて時間の管理がしやすくなる。いずれにしても大事なのは彼自身の選択です」

 藤井四段が指すのは、どちらの“勝負手”か。

※週刊ポスト8月11日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス