国内

小林よしのり氏が改憲論者へ「明治憲法も薩長の押しつけ」

小林よしのり氏が歪な改憲論者に物申す

 SAPIO連載中の小林よしのり氏『大東亜論』は、アジアの巨人と呼ばれた頭山満が、アジア主義を掲げ、欧米の帝国主義と闘った物語である。彼と玄洋社は、急速な西洋化を推し進める、専制に堕した薩長藩閥政府と激烈な闘いを繰り広げた。自由民権運動である。小林氏は大日本帝国憲法制定の過程を見れば、薩長閥がいかに民の声を封殺したかが見えてくると指摘する。

 * * *
 日本国憲法はGHQの「押しつけ憲法」だと、改憲を主張する論者は幾度となく非難してきた。

 その一方で、彼らの中には日本国憲法を否定する反動なのか、大日本帝国憲法(明治憲法)を高く評価する者が多く、自主憲法制定ではなく、明治憲法をそのまま復活させるべきだと主張する者もいるほどだ。

 だが、わしは(雑誌)SAPIO連載中の『大東亜論』を描いていくうちに、明治憲法だって「押しつけ憲法」じゃないかと思うようになった。

『大東亜論』の第三部をまとめた新刊『明治日本を作った男達』が発売された。これは明治の自由民権運動の興隆を描いた物語で、民間で作成された私擬憲法について詳しく描き下ろした漫画も収録している。

 自由民権運動が盛んとなった明治10年代半ば以降、民間による私擬憲法草案が盛んに作成された。中でも有名なのは「五日市憲法」だが、他にも現在に伝わるものだけで40以上、憲法という体裁は整えていないが、独自の国家構想案を作成したと見なせるものまで含めると、90を超えるという。

 だが明治憲法はこのような全国に広がった民意とは全く関係なく、薩長藩閥政府の手だけで作成され、一般国民は憲法発布まで、その内容に関して何一つ知らされなかった。これこそ「押しつけ」ではないか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
「JAPAN PODCAST AWARDS」で表彰される上出遼平氏(『ニッポン放送TV』の公式YouTubeチャンネルより)
元テレ東・大橋未歩アナの夫・上出遼平Pが退職へ「テレビはジリ貧」 敏腕テレビマン続々流出の背景
NEWSポストセブン
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二がYouTube開設「何で稼いでいるんだ」優雅なNY生活インスタに込めた真意語る
NEWSポストセブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン