国内

最新国内記事のRSS

乗り物マナー、ゴミ残しとリクライニング意識調査結果

2017.08.16 16:00

 夏の行楽シーズン。移動中のマナーについて気になることもあるのでは? 女性セブンでは、30~60才の

 夏の行楽シーズン。移動中のマナーについて気になることもあるのでは? 女性セブンでは、30~60才の男女200人にアンケートを実施。まず、「飛行機内や新幹線内から降りる時、席にゴミを残していくのは、アリか? ナシ?」。
 
「アリ」が23.5%。「ナシ」が76.5%となった。

 8割近くが持ち帰っているという結果に、「正直、ありがたい」と言うのは新幹線の清掃業者だ。

「掃除の時間は10分もないうえ、100席近くの清掃を1人で担当するので、かなり忙しい状況です。ですので、お客様がゴミを残さず、リクライニングも元に戻してくださっていると、掃除がはかどります」

 続いて、「飛行機や新幹線でリクライニングの席をめいっぱい倒すのはアリ? ナシ?」。

 結果は、「アリ」が25.5%。「ナシ」が74.5%。

 作法家の三枝理枝子さんは、「半分くらいがマナー」と言う。

「めいっぱい倒すと後方のかたが食事をしたりパソコンを使ったりできなくなるので、“倒しますね”と一声かけてから半分くらい倒しましょう」(三枝さん)

 実はこの「リクライニング論争」、芸能界で紛糾した過去がある。毒舌芸人の小籔千豊(43才)が、新幹線でめいっぱいシートを倒してくつろいでいたところ、後ろの乗客に注意されたそう。

《怒る角度はどこかは人それぞれすぎてわからんよ》

 と事の顛末をツイッターに書き込み、賛否両論を呼んだのだ。

 その後、『とくダネ!』(フジテレビ系)でも取り上げられる。「リクライニングしなくても寝られるから一切倒さない」“ナシ”派の小倉智昭(70才)と「みんなリクライニングすれば解決する」“アリ派”の菊川怜(39才)がかんかんがくがくの議論を交わした。

※女性セブン2017年8月24・31日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP