• TOP
  • 芸能
  • 後藤久美子は“ずっと(事務所に)所属していい?”と聞いた

芸能

2017.09.03 07:00  週刊ポスト

後藤久美子は“ずっと(事務所に)所属していい?”と聞いた

コンテストは“第二のゴクミを探せ”をテーマに始まった

 米倉涼子、上戸彩、武井咲など数々のスターを輩出してきた「全日本国民的美少女コンテスト」。“第二のゴクミを探せ”をテーマに1987年に始まった同コンテストが今年、30周年を迎えた。今回第15回のグランプリを受賞したのは13歳の井本彩花だ。

 歴代出場者には、細川直美(第2回グランプリ/1988年)や佐藤藍子(第6回グランプリ/1992年)など、結婚後も仕事を続ける女優・タレントも多い。

 30年間、イメージキャラクターを務めている後藤久美子については、こんな秘話がある。コンテストを運営するオスカープロモーションの副社長・鈴木誠司氏が明かす。

「久美子は元F1ドライバーのジャン・アレジと結婚して渡仏する際、“社長、仕事はたくさんできないかもしれないけれど、生涯ずっと所属していい?”と聞いてきたそうです。うれしいですよね。スイス在住の今も帰国すると事務所に遊びにきてくれます」

 近年、母親が平成生まれという応募者も増えてきているという。親子二代で美少女コンテストのファイナリストになるケースはまだないが、鈴木氏は「久美子の娘も美人ですし、遠くない未来にそんな日がくるかもしれない」と話す。

 第1回から全大会を取材してきた『NIPPONアイドル探偵団』などの著者、北川昌弘氏もこれからの美少女コンテストに期待を込める。

「今年3年ぶりに開催されて、実はほっとしました。オスカーには近年、コンテスト出身者以外にも秀でたスターや人気タレントが集積しているので、コンテストをやめるのではと心配していたんです。

 過去には4年間も間隔が空いた時期もありましたから。今後も全国から次のスターとなる美少女を探し、世に送り出し続けてほしいです」

※週刊ポスト2017年9月8日号

関連記事

トピックス