芸能

過保護な竹下景子、28才息子の洋服選び20万円の小遣い渡す

母・竹下景子から月20万円の小遣いをもらっているという俳優のアナム(写真はアナムのツイッターより)

 朝起こしてくれるのはママ。洋服を選ぶのもママ。お弁当を作るのも、駅までの送り迎えもママ。進路を考えるのも…現在放送中のドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)は、母親に過保護に育てられた女子大生が、恋や友情、就職活動で壁にぶつかり、自立へ向け奮闘するストーリーだ。

 ドラマの通り、周りの見えない母親が過保護になりがちだが、芸能界では、“常識人の代表”のような彼女が息子への溺愛ぶりを見せつけている。

「竹下景子さん(63才)、いまだに28才にもなる息子さんのお洋服を選んでいるそうなんです。息子さんがテレビや舞台に出演する時は、まず竹下さんがご自身のスタイリストに相談してコーディネートするらしくて。育ちがよくておっとりした息子さんもそんなママの意見をすんなり受け入れちゃうんですよ。9月半ばから息子さんの舞台が始まりますが、まさか毎日いらっしゃったりして…」(舞台関係者)

 竹下は1984年に写真家の夫と結婚。1986年に長男を、1988年に次男で俳優の関口アナム(28才)を出産した。

「アナムさんは美大卒業後に2年間イギリスに留学していたんですが、帰国すると “俳優になりたい”と言って両親を驚かせたそうです。もちろん経験ゼロですが、竹下さんは“そんな甘い世界じゃないのよ。

 でも…アナムくんがそう言うなら”と、“就職先”となる今の所属事務所を紹介したそうです。“アナムくんに頼まれたら断れないわ。応援してあげるのが親だもの”と目を細めていましたね。

 駆け出しの俳優にありがちな過酷なバイト生活ともアナムさんは無縁。竹下さんが“バイトする時間があったら、自分の将来に生かせる勉強をした方がいいわ”と言って、アラサーになった子供たちに月20万円以上お小遣いを渡しています」(竹下の知人)

 月20万円のお小遣いは序の口。竹下は頻繁に「お金あるの?」とアナムに尋ねては財布を補充。一緒に買い物に出かけると、ついでに高級ブランド『ジャガー・ルクルト』の100万円以上する腕時計も買ってあげる。高級寿司店で「お母さんにツケといて」と言って残したアナムの請求書もぽんと支払う。筋金入りの過保護ママだ。

 アナムは昨年、ドラマ『僕のヤバイ妻』(フジテレビ系)に出演。

「放送はお母さんと一緒に見るらしいんです。すると竹下さんが“いいわね、今のアナムくんの表情”なんて必ずほめるんだそうです。アナムさんの口グセは“親に怒られたことがない”“欲しいものは何でも手に入った”ですから、もう脱帽です(笑い)」(前出・知人)

 ある時、アナムが慣れないバラエティー番組に出演したときのこと。ほとんど発言しないアナムの様子を見て竹下はこんな風に言ったという。

「みんなが話すんじゃなくて、聞き役もすごく大切だものね。さすがアナムくんよ」

関連記事

トピックス

中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン