芸能

高畑裕太、遺品整理業者でアルバイト 芸能界復帰への禊か

いずれは芸能界復帰?

 強姦致傷容疑で逮捕され不起訴になった高畑裕太(23才)が、遺品整理業者でアルバイトをしていることがわかった。

 少子高齢化が急速に進んだ現代の日本において、静かなバブルを迎えつつある業界がある。それは、斎場や火葬場といった「人の死」にまつわる仕事だ。2008年にピークを迎えた日本の人口は、この先も減少が続いていくと予想されている。それはつまり、多死時代を迎えたということだ。

 そんな中にあって、遺族にとって時に負担となる故人の遺品の整理や廃棄を代行する「遺品整理」がにわかに注目を集めている。遺品整理業者には、ひっきりなしに電話がかかってくる。最近もまた、とある業者に関東近郊での仕事の依頼が舞い込んだ。遺された思い出の品々を手際よく片付ける作業員の中に、高畑裕太の姿があった。

「少し前から、遺品整理業者でアルバイトをしているんです。といっても、週に1回程度と頻度は高くない。まだ、気軽にしょっちゅう外出できる状態ではありませんからね」(芸能関係者)

 裕太が強姦致傷容疑で逮捕されたのは2016年8月23日。その後不起訴となったものの、以降表舞台から一切姿を消した。都内の自宅から出ることはなくなり、身の回りの世話は母・高畑淳子(62才)や姉・こと美(30才)がする文字通りの潜伏生活。だが事件から1年が経ち、少しずつその状態から脱しつつあるようだ。

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン