• TOP
  • 芸能
  • 鈴木砂羽舞台の女優降板騒動 女性ばかりの現場の難しさ

芸能

2017.09.21 07:00  女性セブン

鈴木砂羽舞台の女優降板騒動 女性ばかりの現場の難しさ

 厚労省の調査(2016年)によると、「悩みやストレスがある」と答えた人の割合は、40代女性が最も高く(58.7%)、次いで30代女性が高かった(58.6%)。また、統計数理研究所の調査(2013年)では、「この1か月間にイライラしたことがある」という若年層の女性が急増しており、20~30才代では4人に3人がイライラ経験を認めた。

 警視庁によれば2012年に54件だった妻からのDV相談件数は2016年に953件まで急増し、『犯罪白書』によれば、刑務所に入所する受刑者のうち女性が占める割合も年々増えている。50代男性はこんな実感を持っている。

「一昔前は、混んでいる通勤電車の中で女性にぶつかっても、お互いに“すいません”ってニコッとしておわりでした。でも、今の若い女性は、すごい睨み方をしますよね。目上であろうが関係なく」

 なぜ女性たちはそんなに“攻撃的”になってしまったのか。前出の稲増教授が言う。

「30代を中心とした若い女性は、非正規労働者が急激に増えていて収入が少ない。しかも昔みたいに結婚相手の男性に経済的に頼れるわけでもなく、自己責任を求められる。先行きの見えない不安からイライラする女性が多いのではないでしょうか」

 総務省の「労働力調査」の推移を見ると、女性の非正規労働者が増える一方で、バリバリ働く正社員も増えている傾向が見てとれる。そんな格差が、30代女子たちのイライラに繋がっているのかも。

 今回の騒動でも、最初にブログで《作品に対しての愛はこの人は全くないんだなと確信しました》と鈴木を断罪したのは30代の鳳だった。

 女性の活躍なくして日本の活性化はあり得ない。それなのに「女同士」で足を引っ張り合っても、ダメな男がのさばるだけなのになァ…。

※女性セブン2017年10月5日号

関連記事

トピックス