芸能

鈴木砂羽舞台の女優降板騒動 女性ばかりの現場の難しさ

舞台降板騒動の真相は?

「土下座強要」「集団いじめ」「人格否定」という生臭い言葉が瞬間沸騰的に飛び交った末に、双方の言い分は食い違ったままで騒動は幕引きに。何とも後味の悪い騒ぎだったが、その背景を突き詰めると、最近の若い女性たちが抱える“一触即発のメンタル”が見えてきた。

 女優・鈴木砂羽(45才)が主演・初演出を担当した舞台『結婚の条件』の開幕2日前に、女優の鳳恵弥(36才)と牧野美千子(52才)が緊急降板して巻き起こった騒動。

 鳳・牧野サイドは降板の理由について、鈴木から土下座の強要や罵倒など「人道にもとる数々の行為を受けた」からと暴露。これに対し、鈴木が涙ながらに反論すると、「砂羽さんと女性演出助手による“集団いじめ”があった」と再反論した。

 その“土下座騒動”の現場にいた舞台関係者が騒動の真相を明かす。

「通し稽古の後、出演者は円になって座って砂羽さんと演出助手からの“ダメ出し”を順番に受けていたんです。それは正直、なごやかな雰囲気ではないですよね。初日まで時間もないのにこんなことじゃダメでしょうと、それはキツい言葉も飛びましたよ。そこで2回目の通し稽古ができないことを鳳さんと牧野さんが頭を下げて謝ったのですが、これを一方から見れば『土下座をさせられた』となるし、もう一方から見れば『座りながら謝った』となります。双方の“認識”が異なることで話がこじれてしまった」

 降板についても鳳・牧野サイドが「一方的に代役を決めて降ろされた」と主張すれば、主宰者側は「鳳・牧野サイドから『降ります』と言われた」と真っ向から対立。ここでもボタンの掛け違いがあったようだ。

「通し稽古後のトラブルがあった9日夕方、鳳・牧野の事務所社長から『2人を降ろす、すぐ稽古場から帰らせてほしい』と主宰者に電話があったんです」(前出・舞台関係者)

 社長の主張は、鈴木を降ろすか主要スタッフ2人を降ろせば、鳳・牧野を舞台へ戻すものだったという。2人の主要スタッフは鈴木の腹心ともいえる演出助手と、キャストもかねたスタッフだった。

「ここまで一緒にやって来た仲間を切り捨てることなんてできないと砂羽さんは拒絶したんです。そして何があっても幕を開けようという砂羽さんや他のキャスト、スタッフの強い思いで代役を探そうとなったんです。鳳・牧野サイドとしては初日直前に降板をチラつかせればさすがに“すみませんでした”と頭を下げるだろうとふんでいたんでしょう。ところが、“砂羽さんたちが困っているなら”と引き受けてくれる代役がすぐに決まってしまった。引くに引けなくなってあんな行動に出たんじゃないでしょうか」(前出・舞台関係者)

 鳳・牧野サイドは9月14日に騒動の「終結」を宣言した。しかし、双方の言い分は食い違ったままモヤモヤとした後味の悪さだけが残った。ある芸能関係者は、「“出演者”が全員女性だったことが騒動を大きくしたのかも」と呟く。

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン