• TOP
  • 国内
  • 東京パラに向け意義高まる「パイロットウォーク」開催

国内

2017.10.02 16:00  NEWSポストセブン

東京パラに向け意義高まる「パイロットウォーク」開催

脳障がいの予防を呼びかける「2017パイロットウォーク」

 10月1日、秋晴れのもと、脳関連障がいがある人たちと家族や支援者、約350人が東京都千代田区の憲政記念館から国会前庭にかけて歩く、「2017パイロットウォーク」が開催された(主催:パイロットインターナショナル日本ディストリクト、桜東京パイロットクラブなど東京地区5クラブ、後援:スポーツ庁など)。パイロットクラブとは、1921年、米ジョージア州で設立された団体で、現在は日本でも36のクラブと学生によるアンカークラブが、全国で地域に根差したボランティア活動を行っている。日本パイロットクラブ2017-18年度ガバナー、鎌田滋子氏は、今回のイベントについてこう語る。

「このイベントは、1996年、日本全国のパイロットクラブの呼びかけによって始まりました。脳関連障がいに悩む方々の支援と脳の大切さを訴えるとともに、脳障がいの予防を呼びかけるチャリティーです。2008年からは世界中のパイロットクラブ所在地でも開催されています。障がい者と健常者が一緒に歩くことで『両者が共に歩める社会を実現したい』という思いが込められています」

 参加したのは、認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・東京、高次脳機能障害者小金井友の会 いちごえ会、NPO法人りんご村(台東区身障児者を守る父母の会)などの団体や個人参加者などさまざま。国会前庭の散歩を楽しみながら、情報交換をしたり、記念撮影をしたりしながら、約1.3kmのコースを歩いた。

「家族4人で参加しました。2回目ですが、ゆったりと歩くことでみんながお互いを受け入れ合っているという雰囲気が作られていて、安心できます。毎年、都内の名所を散歩できるという趣向もいいですね」

「主人と子どもは3回目、私は初めての参加です。いろいろな方が参加されていて、このイベントがなければ知り合えなかった人たちと交流できるのがうれしいです」

参加者で特別支援学校の教諭経験者は、こうしたイベントの存在が広まり、活動の輪がさらに広い世代、広い分野に広まることへの期待感を語った。

「2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、障がい者と健常者が共に歩める社会への意識は強まっていきます。ますます『パイロットウォーク』の意義も高まっていくと思います」(鎌田氏)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス