ライフ

44歳主婦「不倫への反発は怒りではなく、ズルいという気持ち」

「女として見てほしい」という感情が…

 連日、テレビのワイドショーから漏れ聞こえる「不倫」という言葉に反応している女性たちがいる。40代、人妻──。彼女たちの不倫に関する相談が数多く集まっているというのは、「恋人・夫婦仲相談所」所長の三松真由美氏だ。

「四十路にさしかかった女性には突然、“変化”が次々とやってきます。子供がある程度大きくなって、子育ての忙しさがちょっと落ち着く。夫との寝室事情の不協和音も出ている時期なので、時間が自由になったぶん、家庭の外で“一線を越える”ことも起こりやすくなる。『母』である自分から『女』である自分に戻るのが40代なのです」(三松氏)

 この年代は、性に対する意識も大きく変化する。“積極派”と“消極派”に二極化し、積極派は鮮やかに花開くと、三松氏はいう。

「女性が40代に入ると、加齢によって女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンが高まる。そのため、若い頃より性欲が高まり、性に対して積極的になるといわれます。“心置きなく楽しみたい”と、多くの女性が口にしています」

 そんな“気分”になる女性の心理を、夫と小学生の子供がいる美穂さん(44)は、こう語った。

「この夏に劇場版の『昼顔』を観たんです。ドラマを放送していた時(2014年)は“昼顔現象”なんていわれていたけど、私は子供の世話で忙しくて観てなかった。それが映画を観たら、“女スイッチ”が入っちゃった。

 テレビの不倫報道では『怒りの主婦の声』とかやりますが、本音は違いますよ。山尾(志桜里)議員が男性と週に4日会っていたという報道を見て、“ああ、この人は女に戻れたんだな”って。斉藤由貴が、差し出された男性の手をつないだ理由を“一瞬甘えたくなった”と答えたのも、すごくわかる。人の不倫に反応するのは、怒りではなく焦りで、ズルいという気持ちなんです。“私も、したい”“早くしないと”という感情に急き立てられるんです」

 女として見てほしい──そんな感情が背徳の行為を後押しするのだという。

※週刊ポスト2017年10月13・20日号

関連記事

トピックス

除名されたガーシー氏(時事通信フォト・旧NHK党)
《77歳オカンへの愛》ガーシー容疑者、実家ガサ入れに号泣配信「お母さんに会いたい……」「産んでくれておおきに」深い親子関係
NEWSポストセブン
角谷アナにA氏との関係を聞くと「ちょっと急いでまして、すみません」と回答
【入手】結婚のテレ東・角谷暁子アナが友人だけに「イケメンマッチョな旦那写真」を公開していた「生きてこられて幸せです」
NEWSポストセブン
腰をくねらせる筧美和子(2023年1月撮影)
筧美和子が腰をくねらせ道路に倒れ込む…映画『静かなるドン』ホテル街での撮影現場で見せた妖艶シーン
NEWSポストセブン
スマホで電話をかける藤木直人
藤木直人、大東駿介、片桐仁が名門私立幼稚園の舞台にサプライズ出演 「100万円稼ぐ」の言葉に保護者感動
NEWSポストセブン
欲望渦巻く街で行なわれていた狡猾な手口(時事通信フォト)
「テキーラで脱衣ゲーム」「登録者400万人超YouTuberをダシに」摘発された歌舞伎町ぼったくりバー元店員が語った手口
NEWSポストセブン
別居していることがわかった篠田麻里子
《離婚発表》元夫はなぜ篠田麻里子の「言葉を信じる」ことになったのか 不倫疑惑に「悪いことはしていない」
NEWSポストセブン
貴重な証言を得た高橋氏(時事通信フォト)
【山口連続殺人放火事件】5人殺害の犯人と別に「つけ火した悪いやつがいた」村人の証言
NEWSポストセブン
貴景勝
ついに「大関ゼロ」に現実味 「公傷制度の復活」ほかガチンコ時代に必要な相撲改革とは
NEWSポストセブン
行方不明になった隼都さん
《壱岐市高校生が遺体で発見》虐待疑惑の里親を「みんなで支える」教育長の聞き取りに複数の実親が出していた答え
NEWSポストセブン
スッキリ休んで躍進に備える?(写真/ロケットパンチ)
日テレ・岩田絵里奈アナ『スッキリ』終了でも「秋の改編」で期待される「岩田無双」
週刊ポスト
14年ぶり世界一に日本中が歓喜した
【侍ジャパン】次期監督、工藤公康が有力候補も「消極的」か 3年後の世界一に相応しいのは?
NEWSポストセブン
ベンチで存在感をはなつ城石(時事通信フォト)
《WBCベンチで存在感》栗山監督の横にいるイケメン参謀コーチは「フリーターからプロ入り」異色経歴と元妻は人気女子アナ
NEWSポストセブン