芸能

満島ひかり 新作映画で見せた覚悟の初体験に試写室どよめく

体当たり演技を魅せた

「初のバストトップ公開から女優としての覚悟がはっきりと見て取れました。現状では彼女が一番だと思います」──映画評論家・秋本鉄次氏はこういってはばからない。

 2017年下半期の“濡れ場主演女優賞”は誰か、という問いに対しての答えである。

「その瞬間、試写室がどよめきました」

 秋本氏が興奮気味に語るのは、満島ひかり(31)がヒロインを演じた映画『海辺の生と死』(7月29日公開)のワンシーンである。

『愛のむきだし』(2009年)で自慰シーンを披露するなど、激しい濡れ場を演じてきた満島が、この作品で“一線”を越えた。

「相手役の永山絢斗(28)とのラブシーンは後ろから抱きしめられたりキスをしたりと、『まあ、この程度なんだろうな』という感じでしたが、サプライズが起きたのはその後に訪れる、神仏の前で冷水を浴びる『水ごり』のシーンでした。真っ正面からのアングルで美しいバストが映し出されたんです。小ぶりの乳首はツンと上を向いたサーモンピンク。満島がバストトップを見せたのは初めてですが、堂々としたものでした」(秋本氏)

 舞台は小さな南の島。敗戦間近の1945年の夏に出会った2人の恋物語が描かれる。満島演じる国語教師・トエは、永山演じる恋人の海軍特攻艇の隊長・朔(さく)が出撃する前夜、朔の無事を祈って裏庭の井戸で水ごりをする。

 水が鎖骨から乳房へと伝い、乳首をなぞるように流れていく。ラブシーンではないからこそ、むしろ趣のある淡い色香に満ちたシーンだ。

※週刊ポスト2017年10月13・20日号

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン