芸能

加山雄三「青大将の田中邦衛さんとは私生活でも最高コンビ」

80歳とは思えぬ若々しさの加山雄三(撮影/内海裕之)

 池田勇人内閣が所得倍増計画を掲げ高度経済成長に向けて踏み出した1961年、映画“若大将”シリーズの第1作『大学の若大将』(杉江敏男監督)が公開された。

 老舗すき焼き屋のお坊ちゃんで、ルックス抜群。明朗快活な性格で、スポーツ万能、歌もうまいという若大将のキャラクターは、「加山雄三に等身大の役をやらせてみたい」という東宝・藤本真澄プロデューサーのアイデアで生まれた。

 1960年代はまだ珍しかったスキーやマリンスポーツ、バンド活動に海外旅行と、夢のような青春を謳歌する姿に、たちまち“若大将”ブームが巻き起こり、シリーズ7作目の『アルプスの若大将』(1966年)ではこの年の東宝の映画興行収入1位を樹立する。

 1981年の『帰ってきた若大将』まで20年間にわたり計18本が製作され、長く愛される作品となった。

 加山が若大将に抜擢されたのは、東宝に入社して2年目だった。慶応卒で曾祖父が岩倉具視、父は二枚目俳優の上原謙という銀幕のサラブレッド。元々は「大好きな船を買うお金が欲しくて俳優になろうと思った」というが、学生時代から船や音楽、スキーに親しんだ加山にとって、若大将はまさにはまり役だったといえる。加山はこう振り返る。

「最初にお話をいただいたとき、大学の生活をもう1回やるようなものだし、深く考えることはないなと思っていました。だからここまでヒットするとはまったく思ってなかったです。

 1本で終わりだと思ったら、2本目の『銀座の若大将』(1962年)の話が出てきてびっくりしちゃってね。でも、次が『日本一の若大将』(1962年)だから、これで終わりだと思った。そしたら次は『ハワイの若大将』(1963年)で海外に行くというから、もうびっくりしたんですよ(笑い)」(加山、以下「」内はすべて同じ)

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン