芸能

藤吉久美子の不倫報道 太川陽介の「笑顔釈明会見」の違和感

会見で異様なテンションと笑顔を見せた太川

 妻を守りたいのか、さらし者にしたいのか、それとも最高の夫を演じる舞台に立っているのか──。

「ウチのバカもんが軽率な行動を…」
「細かく聞いてるよ。事情聴取みたいに3時間、4時間」
「かみさんだもん。みんながそう思わなくても、ぼくは信じます」
「誰が聞いたってクロだと思いますけどね(笑い)」

 妻・藤吉久美子(56才)の不倫報道を受けて夫・太川陽介(58才)は満面の笑みで会見に応じた。記者の質問すべてによどみなく答え、最後は得意の『ルイルイ』ポーズを4度もキメる大サービス。

 夫の会見の7時間後、カメラの前に立った妻はただ頭を下げるしかなかった。スッピンで髪は乱れ、うつむきながら顔をしかめ、声を震わせて「私はもう彼に守ってもらわないと生きていけません…」と謝罪ともつかない言葉を繰り返すばかり。

 太川の行動は褒め称えられた。『ミヤネ屋』(日本テレビ系)で宮根誠司(54才)は「男前でしたね~」と感心し、坂上忍(50才)は同情モード、モト冬樹(66才)は16日のブログで《格好いいねルイルイ》とコメント。ネット上でも「神対応」と絶賛された。

 しかし、どこか釈然としない。女性陣たちからは称賛の声が聞かれなかったのだ。コラムニストの能町みね子氏はラジオでこう発言。

「あの会見が怖くてしょうがなくて。あのすごい笑顔の会見で時々、真顔になるときがすごい怖かった」

 指原莉乃(25才)は、「本当に家でもああなのかな…って怖さはある」と首をかしげた。

 西川史子(46才)は『サンデー・ジャポン』(TBS系)で「すごく怖い。寛容な夫を完璧に演じたのは、妻を守るというよりも自分の体裁を守るための会見だったのかな」と話した。

 会見が行われたのは不倫を報じた『週刊文春』発売日当日のことだった。

「たしかに彼の会見は用意周到だと芸能関係者の間でも話題でした。というのも、彼は日頃からインタビューを受ける際は、必ず質問事項をすべて頭に入れ、答えを完璧に作るタイプです。だから、当日の午後4時に、藤吉さんより先に、あんな笑顔で完璧な受け答えができるなんて不自然。太川さん実は直撃を受ける前から藤吉さんの不倫を知っていたという話もあります。太川さんが周囲に相談していることがマスコミに伝わってしまったと。それを聞いてあの対照的なふたりの会見を見ると、妙に納得できました」(芸能関係者)

※女性セブン2018年1月4・11日号

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
山田邦子
天下を取った女性芸人・山田邦子が語る「テレビが求心力を失った理由」と「傷つけないお笑いへの疑問」
女性セブン
呼吸困難、頭痛など後遺症の組み合わせは多岐にわたる(写真/PIXTA)
疑われ始めたワクチンの効果 追加接種に積極的な国ほど感染者増、自然免疫力への悪影響も
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン