宮根誠司一覧

【宮根誠司】に関するニュースを集めたページです。

ソロとして初めてのライブツアーをスタート
木村拓哉、ソロツアー初日会場に中居正広の車 ファンも騒然
 冬晴れの夕方。日が沈みかけ、冷え切った空気の中、2月8日の東京・国立代々木競技場第一体育館前は熱気に溢れていた。グッズを買うために列に並ぶ人や、展示されている巨大パネルの写真を撮影する人。ファンは祭典の開幕を今か今かと待ちわびていた。 この日、木村拓哉(47才)にとってソロとして初めてとなるライブツアー『TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow』の初日公演が国立代々木競技場第一体育館で行われた。 開演が近づくと、関係者入り口も人の動きが激しくなる。続々と芸能人が客席に入り始め、及川光博(50才)、冨永愛(37才)、中村アン(32才)は待ち合わせをしていたのか同じタイミングで会場に入る。開演5分前には明石家さんま(64才)が慌てて駆け込んだ。 熱気うずまく数時間前、一台の車が入り口近くへと滑り込むのを見た数人のファンは、はっとしたように口元を押さえていた。40代女性が興奮気味にこう話す。「あの車って彼が使っている車ですよね? 今日、来てるんですね!?」 彼女たちが見たのは「来るはずがない」とみられていた人物の車だった──。◆中打ち上げで見せた「座長」としての矜持 ほかにもドラマで共演経験がある間宮祥太朗(26才)、大島優子(31才)、三浦翔平(31才)らがステージを見守っていた。 ロビーには後輩の堂本剛(40才)、長瀬智也(41才)や親交がある宮根誠司(56才)、槇原敬之(50才)、浜田雅功(56才)ら30人近い芸能人からのスタンド花も並べられていた。「本当に豪華で、“この人はあのドラマで共演した”とか“やっぱり仲がいいんだね”などと言いながら、たくさんの人が写真を撮っていました。でも、やっぱり中居正広さん(47才)からのお花はなかったですね…」(コンサートを見たファン) それだけに、冒頭で紹介した“関係者用の入り口につけた車”を見たファンは思わず叫び声を上げた。「あの車、仕事で中居くんが使っている車なんです! SMAP時代からあのナンバーは中居くんってファンならみんな知ってます。中居くんが木村くんのライブに来たってことですよね」(ファンの40代女性) 木村のいる会場の楽屋裏に止まっていて、誰も乗っていないその車を記念撮影するファンもいた。 SMAP解散以降、木村と中居の共演はない。ジャニー喜多川氏(享年87)の家族葬が行われた東京ドームで、同じ会場に居合わせたことがニュースになったほどだ。「今回の代々木で中居くんを見かけた人はいないんです。でも中居さん本人か、中居さんに近い関係者が来ていたということでしょう? そう考えると、かつてより距離が近づいたということだと思います。木村くんが歌った2曲もどんな形であれ中居くんは聞いているはずです」(50代ファン) * ソロアーティストとしてのスタートを切った木村はライブ2日目の9日、都内の有名焼き肉店にいた。「国産A5ランクの黒毛和牛、それも脂の口溶けがよいとされる雌牛を備長炭で焼いて味わえる本格派の店です。おいしいだけでなくてリーズナブルと食通の間では評判です。そうと知らなければ通り過ぎてしまいそうな、隠れ家的な場所にあり、店内は自然素材が贅沢に使われて落ち着いた雰囲気です」(グルメ誌ライター) 木村の周りを固めるのは、今回のライブを支える30人ほどのスタッフたちだった。「追加ライブが11日に控えていましたが、ひとまず2日間を無事に終えたことを慰労する中打ち上げでした。会場を選んだのはスタッフで、木村さんはライブ終了後、1時間半ほどで到着しました。木村さん自らがスタッフにお酒をすすめ、挨拶の音頭もとっていました。1人1万円のコースだったんですが、お支払いは木村さん。今後のライブにさらにはずみがつきました」(コンサート関係者) 中打ち上げは3時間以上続き、木村が店を後にした頃には、日付が変わろうとしていた。木村が車に乗る直前に見上げた夜空ノムコウには、何が見えていたのだろうか。※女性セブン2020年2月27日号
2020.02.13 16:00
女性セブン
キャップスタイルもお揃いで
篠原涼子、井川遥 有名小学校運動会でのそれぞれのスタイル
 雲ひとつない青空が広がり、心地よい風が頬を撫でる。秋晴れとなった9月下旬、芸能人の子供も大勢通う都内の有名私立小学校で、運動会が開催されていた。 午前8時を過ぎ、ほかの保護者らと共に豪華な面々が校内に入っていく。ドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)で主演し、『なつぞら』(NHK)の最終週にも登場した大泉洋(46才)は、両肩に大きな荷物を下げてパパの顔。ほかにも木村多江(48才)や高橋克実(58才)、宮根誠司(56才)らが顔を揃えた。 そんななか、保護者らがひそかに注目していたのが、篠原涼子(46才)・市村正親(70才)夫妻と、井川遥(43才)・松本与さん(57才)夫妻だ。「篠原さんと井川さんは家が近いうえ、子供が幼稚園から一緒なので、昔からの仲よしなんです。でも最近、ふたりとも夫婦関係が“独特”と噂になっていて…。そりゃ、注目しちゃいますよ」(運動会に参加した保護者) 昨年7月、女性セブンは市村が出張で家を空けた日に、深夜2時まで大放言のママ友会を楽しむ篠原の様子を報じている。「私の仕事をわかってほしいの…」「私のことをわかってほしいのよ~」と、市村への思いを繰り返していたのだ。その後、不仲説や離婚危機が報じられ、ふたりは完全否定してきたが、篠原に「離婚調停は進んでいますか?」と直撃したメディアもあった。 しかし、この日ふたりは運動会に揃って参加。帰宅する際も一緒だった。「帰り道、篠原さんはずっとスマホに目をやっていました。道路を渡る時は、市村さんが身を乗り出して車が来ないかをチェックする。安全だとわかると、篠原さんに『行くよ』と声をかけていました。市村さんがかなり気をつかっている様子で、篠原さんが主導権を握っているような感じでした(笑い)」(別の保護者) 井川の夫は電機メーカー「パイオニア」創業者の孫で、自らのファッションブランド『ato』を立ち上げたデザイナー。1994年から東京コレクションに参加し、2000年からは本格的に海外展開を始めるなど人気を博した。「ここ数年は苦戦続きのようで、今はむしろ、2017年に井川さんが立ち上げた母親向けブランド『Herto』が注目されています。井川さんはテレビの仕事よりも『Herto』に力を入れているようで、友人に“家族は私が支えなくちゃ”と話している。もともと、柔らかい雰囲気の外見と違い、井川さんはかなり男前なんですよ」(芸能関係者) 運動会でも、その男前っぷりが滲み出ていた。「歩く時は常に井川さんが旦那さんの前を行っていて、リードしている感じでした。大きなトートバッグを肩にかけて、両手で2人の子供の手を引いて帰っていった。剛腕ママの様子が伝わってきました」(前出・別の保護者) 夫婦にはそれぞれのスタイルがある。※女性セブン2019年10月17日号
2019.10.06 16:00
女性セブン
政治家の妻になっても“私らしく”を選択
滝川クリステルが不義理連発、結婚祝いLINEも既読スルー
「6か月にしては出ているほうって言われます」 9月27日に放送された『徹子の部屋スペシャル TVエンタメ伝説の名場面史』(テレビ朝日系)に、ゲスト出演した滝川クリステル(42才)は、黒柳徹子(86才)にお腹をさすられると、そう言って笑顔を見せた。 その様子を見た某テレビ局のディレクターが、ため息交じりに言う。「唯一の地上波のレギュラーである『教えてもらう前と後』(MBS)では産休のタイミングや出産後の出演については、何も決まっていなくて白紙状態だそうです。それなのに『徹子の部屋』への出演は急遽決めたと聞いていますが…。出産後の滝川さんが芸能界でどうなるのか、誰もわからない状況です」 8月に小泉進次郎環境相(38才)との電撃結婚&妊娠を発表してから、当初は祝福ムードでいっぱいだった滝川の周りがザワつき始めている。 進次郎氏の「ポエム回答」や「セクシー発言」、さらにその政治的資質を問う声が大きくなる一方、滝川への祝福ムードも冷めつつあるという。「高校時代の友人が御祝いのLINEを送ったところ、既読になるものの、返信がないとか、共通の友人の間では『連絡も返信もないのは、なんで?』と不思議がられています」 こう話すのは滝川の高校時代の知人だ。 思えば結婚発表の際にもこうした“不義理”が指摘されていた。かつて約4年も番組で共演していた宮根誠司(56才)は結婚報告を受けておらず、「クリステル、連絡してこいよ」と言えば、同じく共演経験のある安藤優子(60才)も「さっきLINEしたばかりなのに。教えてくれてもいいじゃない」と、いずれも生放送中にぼやいていたほどだ。「極秘交際だったとはいえ、親しいというアンミカさん(47才)や有働由美子さん(50才)にも交際は知らせていなかったそうです」(芸能関係者) 別の知人はこう憶測する。「政治家の妻として生きていくと決めたからなのか、身辺整理でもしているんでしょうか。彼女は政財界から芸能界、スポーツ界、ファッション界など、交友関係が本当に広かったのに。将来の総理候補である進次郎さんのことを考えると、思わぬ人物とのつながりが仇となるかもしれない。これを機に華やかな人脈を見直したいという気持ちもあるのかな…。そんなに“特別な人”になったのかと言いたい気持ちもあります。政治家の妻となったのであれば、なおさらもう少し、うまいやり方があると思ってしまいますね」 最近は、これまで登場していた知人のインスタグラムやブログにも滝川の姿は一切見受けられなくなった。 リスク回避も大事だがこのままだと「お・と・も・だ・ち・な・し」になったり?※女性セブン2019年10月17日号
2019.10.05 07:00
女性セブン
「朝の顔」兼「会社の顔」に?
40代は男性アナ退社の時期? TBS安住アナはどうなるか
 異例の大出世を遂げることが明らかになったTBSの安住紳一郎アナ(45歳)。これまで安住アナは“アナウンスセンター・エキスパート職”という肩書で「部次長待遇」だったが、7月1日付で「局次長待遇」に昇格する。TBSにおいて「次長」とは、部門のNo.2のポジション。先輩アナ数人をごぼう抜きしての昇進となる。 今回の安住アナの昇進について、女性セブン2019年7月4日号では「安住アナの独立を防ぐと共に、“ちゃんと局アナのことも尊重しています”というメッセージも込められているのでしょう」とのTBS関係者のコメントが紹介されている。 TBSにとって重要な存在であるからこそ、安住アナに重要なポストを用意し、フリーになることを阻止している、ということのようだ。 40代でフリーに転身する男性局アナは少なくない。たとえば、羽鳥慎一アナが日本テレビを退社したのはちょうど40歳になった直後のこと。宮根誠司アナは40歳のときに大阪の朝日放送を退社し、大阪を拠点としたフリーアナとして活躍した後に、全国区となった。元日本テレビの徳光和夫アナも40代後半で退社している。 アナウンサーのフリー転身時期について、芸能情報に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう説明する。「フリーになる時期にはいくつかパターンがあります。若くして人気を獲得したアナウンサーであれば、キャリアアップを求めて早い段階でフリーとなることも多いですね。これは女性アナなどに多いパターンです。 その一方で、社内である程度出世してからフリーとなるパターンも少なくありません。出世していわゆる“管理職”になると、デスクワークが増えて、現場でのアナウンサーとしての仕事は減少傾向になります。そうなると、“もっとアナウンサーとして仕事をしたい”という思いで、フリーになるアナウンサーも多い。同様にアナウンサーではない部署に異動になったことをきっかけに、フリーアナに転身するということも多いですね」 今回、安住アナは出世し、立場的には管理職となるはず。そうなると、独立を阻止するどころか、促してしまう可能性はないのだろうか…。「TBSとしても、安住アナに対しては、あくまでもアナウンサーとして高く評価しているわけであり、管理職的役割を求めているわけではないでしょう。出世するといっても、安住アナが現場から離れるようなことはないと思います。むしろ、立場が偉くなったことで、今まで以上に自由に仕事ができる環境を手にするのではないでしょうか」(大塚氏) ちなみに、ネット上では、「安住がフリーになったら無双だろうな」「紅白の司会も余裕で務まる」など、もしも安住アナがフリーになったら、確実に大活躍するであろうとの意見も。TBSの思惑はさておき、世間的には安住アナのフリー転身を期待する声も多そうだ。
2019.06.24 16:00
NEWSポストセブン
目の手術は医師の腕次第、病院選びのポイントとは?
目の手術は医師の腕次第、病院選びのポイントとは?
 2018年12月、歌手の和田アキ子が、眼瞼下垂症の手術をしたことを報告。1月にはフリーアナウンサーの宮根誠司も手術を受けたと明かし、話題になった。目といえば非常にセンシティブかつ重要な人間のパーツであるため、手術を受けるか受けないかは悩みどころだろう。果たしてこの手術は受けるべきか、受けないべきなのか。 こちらは2人に倣って「受けた方がいい」が最終結論。道玄坂加藤眼科院長の加藤卓次さんが言う。「眼瞼下垂症とは、目を開けていてもまぶたが下がり、黒目の一部が隠れてしまう病気です。ハードコンタクトレンズを長く使用している人は特になりやすいといわれている。放置すると視野が狭まって赤信号を見逃したり、慢性的な肩こりや頭痛の原因になったりします。保険適用で治療できるので、生活上支障があれば受けておくべき手術でしょう」 目にまつわる医療技術は日進月歩で進み、手術以外にも新しい治療法が出てきている。加藤さんが画期的だと評価するのは、近視矯正の特殊なコンタクトレンズである「オルソケラトロジー」だ。「寝ている間だけハードコンタクトレンズを装着することで、角膜の形を矯正します。目のピントが合いやすくなり、日中は裸眼で生活できます。一時的な効果しかないため、1日おきに装着する必要がありますが、角膜が柔らかい子供の場合、近視の進行を抑えられるという研究データもあります」 近年、患者数が急増しているドライアイにも画期的な治療法が出てきた。「“涙点プラグ”と呼ばれる方法です。目頭にある涙点に詰め物をすることで、涙が鼻に抜ける通り道を塞いで、貯留量をキープし、目に潤いを保てます」(加藤さん)◆目の手術は医師の腕次第 各手術のメリットとデメリットを頭に入れても、執刀する医師の腕が悪ければ元も子もない。二本松眼科病院の眼科医・平松類さんは、病院選びについてこうアドバイスする。「一般的な目の手術なら、やり方がパターン化されていることが多いため、基本的に手術内容はどの病院も変わらないと考えていいでしょう。つまり手術内容は同じであるため、症例数、手術経験が多い医師ほど手術慣れしていて、合併症などのリスクが低いといえます」 ではどのようにして“慣れている”のかを見極めればいいのだろうか。病院によっては症例や手術数がホームページで公表されているが、加藤さんは「病院あたりの医師の数も確認してほしい」と言う。「症例や手術数の累計は、病院の規模が大きくドクターが多いほど累計も増えますから、1人で500件なのか、10人で500件なのかによって異なります。ただ、数を公表している病院は、自信があって得意だと考えていいでしょう」 医師選びに迷ったら、かかりつけ医に相談するのも手だ。平松類さんが言う。「眼科の手術は、ある程度設備の整った大きな病院で受けることになります。普段通っている近所の眼科医に相談して、信用できる医師を紹介してもらう方法もあります」 レーシックのような自由診療を受ける際は、利益重視で技術の低い病院を選んでしまわないように注意したい。「最低限、日本眼科学会認定眼科専門医という資格を持っている医師をあたりましょう。資格の有無は、病院のホームページや、日本眼科学会のホームページでも確認することができます。専門医資格を持っていないと、トレーニングを受けずに手術を行っている可能性があります」(加藤さん) 資格や肩書がしっかりしていても避けた方がいい医師もいる。「目の病気は、手術をするかしないかの判断が微妙な、グレーゾーンの症例が多い。どちらが正解というのはなく、医師の判断次第で、手術か投薬かの判断が分かれることがあるうえ、医師によっては薬の使用を検討せず、無理に手術をすすめようとする人もいる。こちらに有無を言わせず自分の治療法を通そうとするワンマンな病院はやめた方がいいでしょう」(平松さん) また、経験豊富な医師に手術してほしいならば最初から“指名”するのもアリだ。有名病院に行っても、執刀は新人の医師というパターンもあり得る。「ベテランの医師に手術してもらいたいなら、受診時に先生の名前を伝えるか、問診表にその旨を記載するといいですね」(平松さん) 治療法も病院も、「刮目して見るべき」のようだ。※女性セブン2019年5月30日号
2019.05.21 16:00
女性セブン
フジ椿原慶子アナが3月末に退職との情報 他局からも高評価
フジ椿原慶子アナが3月末に退職との情報 他局からも高評価
 会社員から“商品”へ──。女子アナのフリー転身は、安定を捨てて市場競争の荒波に飛び込むことを意味する。 テレビ朝日の小川彩佳アナと宇賀なつみアナ、TBSの宇垣美里アナと人気アナウンサーの退社発表が相次ぐなか、この連鎖はフジテレビにも波及した。「椿原慶子アナが3月末に退職するという情報が駆け巡り、ネットニュースなどでも報じられてしまったんです。昨年10月に経営者男性との結婚が発表された時にも退社は噂されましたが、本当なら報道のエースだけに、ウチとしては大きな痛手です」(フジテレビ関係者) 椿原アナは昨年4月から『FNNプライムニュースα』を担当。宮根誠司がMCを務める『Mr.サンデー』のサブキャスターは6年目になる。 すでに『プライムニュースα』の後継番組のMCは三田友梨佳アナが務めることが発表されているが、「『Mr.サンデー』も三田アナが引き継ぐようだ。椿原アナは番組の外部関係者にも挨拶を済ませたとも聞いている」(テレビ誌記者)という。“退社後”の身の振り方については定かではないものの、「彼女は根っからの報道志向で、“硬派番組を任せられる”と他局からの評価も高いので、移籍するにしても引く手あまただとは思いますが……」(前出・フジテレビ関係者)※週刊ポスト2019年3月15日号
2019.03.06 07:00
週刊ポスト
宮根誠司のプチ整形で話題、眼瞼下垂は重病の前兆可能性も
宮根誠司のプチ整形で話題、眼瞼下垂は重病の前兆可能性も
 キャスターの宮根誠司が、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の中で「まぶたをプチ整形しました」と語ったことが話題を呼んだ。共演していた俳優の梅沢富美男も同様の手術を検討していると語っていた。 ここでいう「プチ整形」とは、「眼瞼下垂(がんけんかすい)」の手術を指している。「眼瞼下垂は、加齢で皮膚がたるむのと同じようにまぶたが垂れる状態です。重度の場合、瞳孔の中央ほどまでまぶたが垂れ下がっている状態になります。多くは加齢によるもので、まぶたを上げ下げする筋肉がゆるんでしまっている。年間10万件以上の手術が行なわれており、男性では70代が最も多い」(二本松眼科病院・平松類医師) 年を重ねると多かれ少なかれ、まぶたは垂れてくるもの。果たして手術するほどのことなのだろうか。「眼瞼下垂が進行すると、視界の上部がまぶたで覆われてしまうために目の下のほうを使わざるを得ず、顎を突き出してものを見るようになってしまいます。そうした無理な姿勢が原因で頭痛や肩こり、自律神経の異常を引き起こす場合もある。そのため手術する人も多い」(同前) 眼瞼下垂が、重病の前兆という可能性もある。「危険なのは、片方のまぶただけに眼瞼下垂が起きるケースです。この場合、脳動脈瘤など脳疾患が原因である可能性が疑われます。まぶたを上げる動眼神経が脳動脈瘤により圧迫され、麻痺して片側のまぶたが下がることがある。脳動脈瘤は右脳と左脳のどちらかにできるため、下がるのは片側だけになる。 脳動脈瘤を放っておくと、破裂してくも膜下出血を引き起こします。同様に脳梗塞や脳腫瘍が原因で片方のまぶただけが垂れ下がることもあります。片方だけの眼瞼下垂は危険なサインです」(同前) 自分が眼瞼下垂だと思ったら何科を受診すれば良いのか。前出の平松医師が語る。「加齢性の眼瞼下垂は、眼科では保険適用で手術ができます。まぶたを切開し、ゆるんでいる挙筋腱膜を縫合する手術は眼科でも行えますが、必要に応じて形成外科とも連携します。手術の所要時間は30分から60分ほど。診断で脳動脈瘤が発見された場合、紹介された脳神経外科で治療してもらうことになります」※週刊ポスト2019年3月8日号
2019.02.28 07:00
週刊ポスト
二宮和也、木村拓哉宅で活動休止や結婚問題を相談したか
二宮和也、木村拓哉宅で活動休止や結婚問題を相談したか
 ファンクラブサイトで1月27日、2020年12月31日をもって活動休止することを発表した嵐。当日夜には5人揃っての会見も開かれ、活動休止はリーダーである大野智(38才)が2017年6月頃に「自由な生活をしたい」とメンバーたちに相談し、そこから1年かけて5人で熟考を重ねた結果にたどり着いた結論であると明かされていた。 プライベートが制限されるのはアイドルの宿命だ。ファンのことを思うからこそ、結婚ができないといったケースもあるだろう。そして、嵐のメンバーもそういった悩みを抱えていたというのだ。 2018年9月末、二宮和也(35才)がひとりで木村拓哉(46才)の自宅を訪れる姿があった。この日、木村は早朝から千葉の名門ゴルフ場で、宮根誠司アナ(55才)らとラウンド、その後、すぐに自宅へとって返し、二宮を迎え入れた。この件について本誌・女性セブンは報じた。 木村と二宮は同年夏公開の映画『検察側の罪人』で共演以来、良好な関係で知られる。しかし、芸能界でも随一の「出不精」で、「芸能人同士でつるまない」といわれる二宮が、先輩の自宅をプライベートで訪ねる姿に違和感を覚えた人は多かった。「実は事務所関係者も『女性セブン』の記事で二宮さんの木村家への訪問を初めて知ったそうです。その日は自宅に工藤静香さん(48才)もいたと聞いています。今となって考えれば、嵐の活動休止や結婚問題を木村さんに相談していたんでしょう」(テレビ局関係者) 木村は元SMAPのメンバーの中で唯一の妻帯者だ。ドラマ『ビューティフルライフ』(TBS系)に主演していた2000年、人気絶頂期の27才で2才年上の工藤と結婚し、2人の子供を持って以降も“キムタク”を貫いてきた。「二宮さんも木村さんの話を聞いて覚悟を決めたいという思いがあったと思います」(前出・テレビ局関係者) 現在の木村の姿に将来の自分を重ね合わせたのかもしれない──。※女性セブン2019年2月14日号
2019.01.31 16:00
女性セブン
工藤静香とKoki,
木村拓哉と二宮和也、タブー破りの自宅会談で何を話したのか
 台風接近の影響で小雨がぱらつき始めた9月末の土曜日の夕方。人影もまばらな都内の高級住宅街を嵐・二宮和也(35才)が1人で歩いていた。青いジャケットにスリムなブラックデニム姿。周囲を警戒しているのか、ビニール傘を斜め下に倒して顔を隠そうとしているように見える。表情もやや硬い印象だ。 二宮が向かったのは、白い壁に囲まれた大豪邸。それはジャニーズ事務所の先輩・木村拓哉(45才)の自宅だった。手に提げているビニール袋には、手土産なのかお酒の瓶のようなものが入っているように見えた。 休日に後輩が先輩の家にお酒を持って遊びに行く──一般社会なら、珍しくない風景だが、この2人となると、周囲も驚きを隠せない。「滝沢秀明さん(36才)が芸能界の引退を発表、ジャニー社長の後を継ぐといって騒ぎになっている最中、ジャニーズのタレントたちは先輩後輩の飲み会もあまり行わないように気をつけている状況。にもかかわらず、このタイミングに木村さんの自宅で、しかも二宮さんだけ訪れたというのは“タブー”破りに見える。驚きますね」(芸能関係者) 木村と二宮は現在公開中の映画『検察側の罪人』で共演している。映画の宣伝のために2人揃ってテレビに出演すると、ファンから「奇跡の共演!」と歓声が上がったが、それはあくまで仕事上のこと。嵐とSMAPは長らく“共演NG”といわれてきた。「ジャニーズ恒例の年末カウコン(カウントダウンコンサート)もSMAPだけ出ておらず、直接的な先輩後輩関係もほぼナシ。木村さんは今まで20本を超える主演ドラマがありますが、ゲスト出演を除けば抱き合わせで後輩が出演することもなかった。それだけに今回、木村さんと二宮さんが初共演を果たしたことだけでも衝撃を持って受け止められていた」(テレビ局関係者) 二宮は休日は自宅に引きこもっていることで有名、外出すること自体が珍しいといわれている。「遊び相手も関ジャニ∞など仲のいい同期や後輩ばかりで、ほとんど自宅に呼ぶのが常。先輩とつるむことさえ考えられなかった。それが自宅を訪れるなんて、よっぽどのことだったのだと思います」(前出・芸能関係者) 映画の封切りから1か月以上、撮影からは1年以上も経過している今、芸能界随一の「出不精」で知られる二宮の木村家へのプライベートな訪問には、どんな意味があったのか。  二宮が木村家を訪ねた日、木村は千葉県内の名門ゴルフ場で宮根誠司(55才)とゴルフを楽しんでいた。二宮が木村家のインターホンを鳴らしたのは、木村がゴルフ場からとんぼ帰りした直後のことだった。「その日は土曜日だから自宅に妻の工藤静香さん(48才)や娘のKoki,さんもいたようなので、木村さんは一家で二宮さんを迎えたようです」(前出・芸能関係者) 二宮は、一昨年夏にフリーアナウンサーAさんとの交際が発覚。同棲やモルディブへの婚前旅行などが報じられてきた。「1人で行ったので、いろいろと相談したいことがあったのでは。来年、嵐はデビュー20周年を迎える大切な年。とはいえ、二宮さんも結婚を考える年齢で、彼女も年上ですから思うところがあるんでしょう。アイドルとして人気絶頂の時期に、激しいバッシングにさらされながらも結婚を貫いた木村さんや静香さんのアドバイスを聞きたかったのかもしれません」(前出・芸能関係者) 娘・Koki,のモデルとしての仕事も順調そのものだ。超一流ブランド(ブルガリ、シャネル)との契約をはじめ、テレビCM(大塚製薬)も決定した。Koki,も木村に仕事の相談をよくするという。 アイドルグループのメンバーではなくなっても、俳優として、夫として、父として過ごす木村の姿を二宮はどう見たのか。緊急会談は遅くまで続いたという。※女性セブン2018年10月18日号
2018.10.05 07:00
女性セブン
木村拓哉、社交辞令は許さない! 宮根誠司とゴルフ実現
木村拓哉、社交辞令は許さない! 宮根誠司とゴルフ実現
 9月末の土曜日、木村拓哉(45才)は宮根誠司(55才)と共に千葉県内の名門ゴルフ場にいた。有名企業の幹部や経営者が接待に利用する一流のゴルフ場だが、そこで宮根の姿はひときわ目立っていたという。「超カラフルなウエアを着た中年男性が関西弁で大きな声でしゃべっていると思って見たら、宮根さんだったのでビックリ。もっと驚いたのは、隣で談笑していた相手が、あのキムタクだったこと。 木村さんの方は紺色の落ち着いたウエアでしたが、さすがにカッコよかった。宮根さんは木村さんにスコアで勝っていたのか、ものすごく上機嫌でした。木村さんがバンカーに入れた際も“あちゃー!”といじるなど、かなり仲がいい様子でした。2人ともゴルフの腕前はなかなかのようでしたよ」(居合わせたゴルフ客) 8月16日に木村が『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に出演。この時の独占インタビューで初めて娘・Koki,(15才)のデビューについて語り、大きな話題を呼んだ。「その番組の中で2人がゴルフ対決する企画があったんですが、その時、木村さんが“今度はテレビカメラなしで、プライベートでゴルフをやりましょう”と提案しました。宮根さんは“社交辞令かなぁ”と思っていたようですが、木村さんは有言実行。すぐに実現したので宮根さんは“さすが木村くん”と感嘆していた」(番組関係者) SMAP解散以降、木村のプライベートには変化が見られるという。「SMAPの頃は多忙でなかなかプライベートで時間がなかったようだが、最近は自ら口にしたことは口約束ではなく、すぐに実行。仲間たちに時間を割いているようです。明石家さんまさんや宮根さんなど古いつきあいの大御所はもちろん、先日行われたB’zの30周年ライブにもカメラマンに扮してサプライズ出演していました。稲葉浩志さんとは家族ぐるみのつきあいです。樹木希林さんが亡くなった時もすぐに自宅に弔問に駆けつけていた。もともと、後輩の面倒見がよく、先輩への義理に厚いタイプですが、さらに今周囲にいる人脈を大切にしているという印象を受けますね」(前出・テレビ局関係者) 9月2日、ラジオ『木村拓哉Flow』(TOKYO FM)に嵐の二宮和也(35才)が出演。ジャニーズの先輩後輩関係について語る場面があった。「木村さんが“嵐の中で二宮以外でなんとか話せそうなのは大野智かな”と明かせば、二宮さんは“木村くん。(国分)太一くん、岡田(准一)くんの3本柱”と名前をあげて交友の深さが見られました」(芸能関係者) 二宮にとって木村はいちばん信頼できる先輩の1人だという。ちなみに、木村がゴルフ場から自宅に帰った直後、二宮が木村家を訪れていた。※女性セブン2018年10月18日号
2018.10.04 07:00
女性セブン
木村拓哉、宮根誠司とのラウンドで見せたナイスショット写真
木村拓哉、宮根誠司とのラウンドで見せたナイスショット写真
 これって新CMの1シーン!?と思わず勘違いしてしまうような、見事なナイスショットを見せていたのは木村拓哉(45才)だ。9月29日、千葉県内の名門ゴルフクラブで、プライベートでも親交の深い宮根誠司(55才)らとプレーを満喫していた。 先日、ラグジュアリーゴルフウエアブランド『MARK&LONA』のブランドアンバサダーに就任した木村は、同ブランドのCM撮影時にも見事なショットでスタッフをうならせたほどの腕前の持ち主。 ちなみにCMロケ時、直前の天気予報では雨だったが、「おれって晴れ男だから」と語る木村が雨風を吹き飛ばしたという逸話が…。この日も大型台風24号が近づいているということもあって、あいにくの天気だったが、“晴れ男・木村”の好プレーにつられるように、最後は空模様も表情も晴れ晴れでした。※女性セブン2018年10月18日号
2018.10.04 06:55
女性セブン
『マスコミ偽善者列伝』著者が分析する宮根、テリー、一茂
『マスコミ偽善者列伝』著者が分析する宮根、テリー、一茂
 今日もテレビを点ければ、“視聴者の代表”たるコメンテーターたちが、政治から芸能ニュースまで訳知り顔で意見を述べている。 しかし、よくよく聞いてみると、誰でも言えるような耳触りの良いコメントばかり。自分のことは棚に上げて、他人のスキャンダルに正論を吐く者も絶えない。薄型テレビをますます薄っぺらくする「偽善コメンテーター」の問題は大きい。「私は暇な老人ですから、日がなテレビに向かってるわけ。ところが、コメンテーターがまぁ酷い。『許してはいけない犯罪です』とか『今後社会全体で考えていかなければならない』とか、毒にも薬にもならん優等生的な話ばかりしている。 一番許せんのは、“偽善”に満ちた言葉が多いこと。戦争は絶対にダメだ、格差社会是正、性差別反対と、正論を並べ立てるが、話している人間はその問題の当事者でもなく、傍観者にすぎず、真剣に向き合っていない。安物の正義感ほど迷惑な偽善はない。もうこれ以上は我慢できんと思って、こんな本を出したんです」 そう話すのは、大阪大学名誉教授・加地伸行氏。加地氏の近著『マスコミ偽善者列伝』(飛鳥新社刊)は発売早々3万部のベストセラーとなっている。 同書は東洋思想研究の第一人者で保守論壇の大御所でもある加地氏が、空虚な正義感と建前論しか話さないコメンテーターを批判するエッセイである。政治家や評論家を次々と槍玉に挙げ、「そのときだけの絶対反対論者」と手厳しく批判する。〈理想国家作りの夢破れた左筋(ひだりすじ)の連中は、目的、着地点がなくなり、今や、保守政権が繰り出す政策に対して、とにかくなんでもかんでも反対と言うしか生きる道がなくなってきている。(中略)こういうご都合主義を自覚せず、つまりは矛盾に気づかず、その場その場での正義の旗を掲げている。かつては元気だった左筋の成れの果である〉 加地氏が続ける。「安保法案も秘密保護法も、成立まではあれだけ猛反対していたのに、法案通過後は途端にトーンダウンする。反対デモの連中と同じです。一点突破で主張し続ける努力や覚悟もない、高みで見物している野次馬です。 左筋ジャーナリズムは絶滅寸前ですが、その特徴はテレビのキャスターやコメンテーターたちに受け継がれています。地元の大阪では『ミヤネ屋』の宮根誠司が大人気ですが、スタジオのいろんな人に話を振って、最後に愚にも付かないまとめ意見を言うだけ。なんの具体性も説得力もない。持論を語る覚悟がないんです。 テリー伊藤に関しては、人様のスキャンダルについて上段から正論を述べていますが、言いたくはないが自分も過去に不倫を報じられているではありませんか。なぜそれをまるでなかったことにして他人のことは批判できるのでしょうか。 長嶋一茂に至っては、なんの取り柄も知識もない単なる素人にしか見えません。説得力のない『うわべだけの正論』こそ偽善であり独善。テレビを薄っぺらくする原因となっている」 長嶋といえば、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演した際、日本ボクシング連盟の山根明前会長について、「正直言って、僕には悪人に見えないです。泣いたり、お茶目な部分も見え隠れしたりするし」と言いつつ、「役職に残るのは往生際が悪いと思いますよ。何かあったら腹を切ると言ってるんだから、一旦全部辞めないといけない」と責任も追及する。 何か意見を述べているようでいて、実際にはどの立場からもツッコミを受けないようにした「八方美人論評」に聞こえてしまう。※週刊ポスト2018年9月7日号
2018.08.27 11:00
週刊ポスト
大阪地震 ほぼノーマークだった「有馬—高槻断層帯」で発生
大阪地震 ほぼノーマークだった「有馬—高槻断層帯」で発生
 全国放送の情報番組としては珍しく、大阪のスタジオから生放送されている『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)。週始まりの月曜日、6月18日の放送はいつもとは違った雰囲気で始まった。見慣れたはずの司会・宮根誠司(55才)の姿が見えない。 放送開始から遅れること約40分。宮根はスタジオに到着すると、その日の朝7時58分に大阪北部を震源として発生した直下地震のため、航空機や車での移動が遅れたと説明し、こう神妙に語った。「都市機能が完全にマヒしています」 最大震度6弱の揺れに、新幹線も在来線もバスの運行も、公共交通機関は一時的に完全にストップ。「地震発生直後に報道ヘリを飛ばすと、炎上する家屋から煙が上がっていました。370人超の負傷者が出たほか、通学途中の9才女児が崩れた学校のブロック塀の下敷きになって死亡するなど5人が犠牲になりました」(全国紙社会部記者) 停電も一時、17万戸以上に上り、ガスの供給も10万戸以上で止まった。水道管の破裂で道路は水浸しになり、断水も広範囲の地域で起きた。大阪・高槻市内の小学校校庭の臨時給水所を訪れた30代女性の話。「いちばん困るのは水です。飲み水もないし、トイレも流せない。マンションの高層階に住んでいるのですが、余震でしょっちゅうエレベーターが止まるので、階段で重い水を運ぶのは本当に大変です」 今回の大阪地震のマグニチュード(M)は6.1。“地震の巣”とも呼ばれる日本列島では、M6クラスの地震といえば年に1度は起きているので“数字上”ではそこまで深刻なレベルではない。しかし、人口密集地で、ビジネスの中心でもある都心部で起きると、生活へのダメージが甚大であることを見せつけられた形だ。「30年以内にほぼ0~0.03%」 政府の地震調査委員会によると、今回の地震を引き起こした「有馬-高槻断層帯」でM7レベルの地震が起こる確率は、その程度だという。つまり、ほぼノーマークだった場所で地震が発生したことになる。 日本全国で確認されている活断層の数は2000以上ある。現在、活断層の密集する114の断層帯が政府の調査対象になっていて、「有馬-高槻断層帯」よりも地震を発生させる確率が高いとされる断層帯は約60か所あった。中でも、100倍以上の高確率で起こる要注意の断層帯は35か所も存在した。 地震を引き起こす原因になるのは断層だけではない。海溝型地震やトラフなども含め、高確率で発声する危険性が囁かれているものも多い。その中でも、「今後30年間にM7クラスが70%」起こるとされるのが、「首都直下地震」だ。2013年に政府がまとめた被害想定は、死者約2万3000人。全壊・消失建物は61万棟、帰宅困難者は800万人にも及ぶとされる。※女性セブン2018年7月5日号
2018.06.21 07:00
女性セブン
在京テレビ局 大阪北部地震報道に温度差がある?
在京テレビ局 大阪北部地震報道に温度差がある?
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、6月18日朝に発生した大阪北部地震に見る、災害の報道体制について。 * * * 大阪北部地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 18日朝、震度6弱という大きな揺れの地震が発生した瞬間、私は東京の自宅に居たのだが、リビングの吊すタイプの照明がユラユラ揺れていて驚いた。後から、東京にも「震度1」を表示した地図を見て、改めて、広い範囲で揺れたことを知った。 昼過ぎ、私は大阪に本社がある某社での東京広報の人たちとのミーティングに参加していたのだが、「東海道新幹線に閉じ込められている同僚がいる」「会議の時間や参加するはずのメンバーの予定が大幅に狂っている」などと聞いた。普段から大阪と東京を行き来している人たちが青ざめた顔で対応に追われている様子を目の当たりにし、大変なことが起こっているのだと改めて感じた。 午後3時過ぎに一度帰宅し、テレビをつけた。まずは大阪の読売テレビ制作の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、その被害の大きさに愕然とした。 司会の宮根誠司氏は、日曜の夜、東京のフジテレビで『Mr.サンデー』に生出演しているため、月曜日は朝、飛行機で大阪入りする。 通常なら9時羽田発の飛行機で伊丹空港までスムーズに移動できるはずが、この日は20分遅れで飛行機に乗れたものの、伊丹空港の点検のため、2時間、機内で足止めを食ったという。伊丹空港に着いてからも、大阪市内が大渋滞で、結果、30分遅れでの出演になった宮根氏だったが、氏自身も朝日放送の局アナ時代に、そして読売テレビの記者やスタッフの多くが阪神淡路大震災の報道に携わっているだけあって、何を優先し、どう伝えればいいのか熟知しているため、番組はもちろん、地震ニュースに特化した内容だった。 その後、日本テレビでは通常なら東京のスタジオから『news every.』の時間になるが、読売テレビのローカル番組『かんさい情報ネットten。』のオンエアをしばらくの時間、流していた。 TBSも『Nスタ』の時間を早め、15時前から特番体制になっていたが、驚いたのは名古屋のCBC制作の『ゴゴスマ』や、フジテレビの『直撃LIVEグッディ!』が、早々に地震のニュースを切り上げていたことだ。 大阪の読売テレビの生放送を全国ネットしている日本テレビに対し、『~グッディ!』は、番組開始と共に、系列の関西テレビの生ワイド『ハピくるっ!』を終了させている。「ウワサの芸能ワイドショー」とサブタイトルがついていた番組ながら、もしもまだ続いていたなら、関テレからの生放送に切り替えたこともできただろうに。 TBSも、系列の毎日放送『ちちんぷいぷい』とは無関係と言ってもよく、名古屋発の『ゴゴスマ』を14時台はやっていたのだが、15時台は、さすがに報道に切り替わった。 いま、ワイドショーで数字がとれるのは、いわゆる“紀州のドンファン”と、日大のアメフト問題だと言われている。 そして、大阪での地震は、在京局にとっては“対岸の火事”に近いものがあるのだろうか? 実は私は、東日本大震災が発生した日、『情報ライブ ミヤネ屋』に生出演していた。阪神淡路大震災を経験している社員やスタッフが多い読売テレビでは、地震報道に関するマニュアルが完璧で、当時、アシスタントをしていた森若佐紀子アナが「早く、津波情報を」と言い続けていたことをいまでも覚えている。 だが、直後、東京のスタジオからのニュースカメラが映していたのは、お台場付近のビルから煙が上がっている様子だった。フジテレビの近くだから…と感じたのは私だけだろうか。 そして2年前の鳥取県中部地震のときも、私は『~ミヤネ屋』に生出演していた。発生が番組開始12分後のことで、後半は地震特番に切り替わった。 それはやはり、読売テレビの報道スタッフたちが阪神淡路大震災を経験しているからに他ならない。 だが、それから23年が経ち、読売テレビのアナウンサーも半数以上が「阪神大震災の報道を知らない世代」だという。 3年前、読売テレビでは、トークライブ企画「アナウンサーが語り継ぐ『阪神淡路大震災20年』」を開催、若手アナを聞き手に、先輩アナらが体験をトークし、「命に係わる重大なテーマ」でのインタビュー力について説いた。 参加アナの中には、阪神淡路大震災を機に、防災士の資格を取得している者もいて、被災者のもっとも近くで寄り添ってきた彼らならではの、ためになる話が多数あったと聞いた。 その中心メンバーで、いまは同局を退社した脇浜紀子アナ(当時)が言っていたのは、「阪神淡路大震災の2か月後、東京で地下鉄サリン事件が起きたことで、在京局制作の番組では、阪神大震災のニュースが激減してしまいました。まだまだ伝えたいことはたくさんありました」と。 阪神淡路大震災にまつわるニュースや新聞記事は、東京では1月中旬に集中しており、東日本大震災のニュースでさえ、3月初旬に集中しているように思える。 3年前、阪神大震災について扱った『クローズアップ現代』(NHK)で、「街は復興したけれど、暮らしや心の復興は半分」と、当時、働き盛りだった方々が異口同音に言っておられたのが忘れられない。 こうして偉そうに書いているが、大地震の日、生番組に出演していた私でさえ、正直、忘れてしまうことがある。震災の記憶を確かなものにしたり、消え去らないようにしたりするのが報道の役目なのではないか。 在京テレビ局はもう少し、被災地のテレビ局から学ぶべきではないだろうか。
2018.06.20 07:00
NEWSポストセブン
フジ榎並アナのハプニング力 坂上忍との応酬で熱視線
フジ榎並アナのハプニング力 坂上忍との応酬で熱視線
 放送スタートから今年で5年目に入り、安定した人気を獲得している平日昼の帯番組『バイキング』(フジテレビ系)。この番組で進行を務めているのが同局の榎並大二郎アナウンサー(32)だ。SNS上では日々、司会である坂上忍の発言に注目が集まっているが、実は榎並アナが引き起こすハプニングにも熱視線が集まっている。『バイキング』の隠れた“陰の功労者”、榎並アナの魅力に追った。 榎並アナに関心が寄せられるようになったのは2016年の秋ごろ。実はこの時期、それまでひな壇に座っていた坂上が、立って司会を始めるようになったのだ。巨大ボードを挟んだ形で榎並アナと隣合わせになり、ほぼ2人の掛け合いで番組が進むようになった。こうして坂上はもちろんだが、自ずと榎並アナも脚光を浴びるようになっていった。◇目が離せないハプニング工場長 例えば今年の「榎並アナ」周辺の『バイキング』トピックスを一部列挙してみると、・「蔵出しVTRと本人“直撃”(ちょくげき)インタビューを…」と言うべきところを、“直筆(じきひつ)インタビュー”と読み間違え、坂上から「それはダメだわ」と注意を受ける。(1月11日)・アメリカのフィギュアスケート選手ネイサン・チェンを「ネイチャン・チェン」と2度も間違え、さらにはパトリック・チャンを「マイケル・チャン」と言い間違える(マイケル・チャンは元プロテニス選手で現在錦織圭選手のコーチ)。坂上から「お前、もう帰れ!」と一喝される。(2月15日)・至学館大学・谷岡郁子学長が卒業式の祝辞で述べた「簡単にテレビ、ネットで流れているからと言って鵜呑みにしない。『一方的な意見ではなく、さまざま意見、情報に広く接してほしいと思います』」という部分を、「一方的な意図ではなく意思ではなく意見ではなく」となぜか付け加えて言い間違え、坂上から訂正を求められる。(3月21日)・京都での大相撲春巡業での「女性は土俵から降りて…」騒動。専門家として東京相撲記者クラブ会友・大見信昭氏がゲストで来ていたのだが、榎並アナは、大見氏の紹介を忘れてボードでの解説をし始めたため、坂上から「大見さんご紹介して」と指示される。(4月6日)・愛媛県今治市で逃走していた受刑者が身柄を確保された事件。それを受けて地元の漁協の組合長の話として、犯人が渡ったと思われる海について「人の害になるサメやクラゲなどもいない」というコメントを紹介。だが榎並アナは「人の害になるサメやクジラなどもいない」と読み間違える。坂上が「今、盛った?」と質問されると、榎並アナは「『ク』に(つられて)」と謝罪。(5月2日)・梅宮アンナが4月からYouTuberになったニュースを紹介する際、榎並アナは「ネイルサロンとスパに通う様子をアップしました」と切り出し、「(4月)17日には『anna style』ということで自身がカラーリングをする様子を、ただただ流すという…」とチクリ。スタジオが笑いに包まれる中、おぎやはぎ矢作謙から「“ただただ”って言っちゃった」、坂上からも「悪いぞ今のは!」とクギを刺されていた。(5月23日) 誤読、失言、飛ばし読みなど、榎並アナは毎日何かしらのハプニングをもたらしてくれている。もちろんそれらのミスはアナウンサーにはあってはならないのだが、その特性が、連日息が詰まるようなシリアスな事件が多い中での「緩衝材」、さらにはこの『バイキング』でのアクセントとなっているように思える。 宮根誠司アナや羽鳥慎一アナ、桝太一アナといったアナウンサーの諸先輩も生放送の帯番組を持っているが、彼ほど頻繁にネットニュースに取り上げられる者もいないだろう。◇攻めの司会と受け身のアシスタントの黄金方程式 先ほど紹介したハプニングを見ても分かる通り、榎並アナと坂上は常に話題の中心にいる。その関係性は、例えば『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)における、宮根誠司アナと気象予報士の蓬莱大介氏、また『ひるおび!』(TBS系)でのホンジャマカ・恵俊彰と同じく気象予報士の森朗氏のような上下関係に近いものがある。蓬莱氏は宮根アナとの絡みで有名になり、また恵と森氏の掛け合いは番組に欠かせないワンシーンとなっている。つまり坂上と榎並アナの応酬も、人気番組の方程式を踏襲していると言えよう。 ◇信頼しあうからこそ?のコンビネーション 坂上に追い立てられることのほうが多い榎並アナだが、反撃するときもある。5月8日、アルコール依存症について特集していた際、榎並アナが、「『バイキング』始めてから酒量、やはり増えましたもんね」と坂上に向かって意味深に言うと、カメラが、驚いたような顔をする坂上にズーム。榎並アナはサラリと「楽しいお酒ですよ、もちろん」と笑っていた。 このような軽妙なやり取りは意外とよく見られる。これも先ほどと同じ5月2日の放送だが、受刑者が逃げる途中「バイクを盗んで逃走した」ことを知った坂上が、榎並アナに「ちょっと歌ってよ」と、尾崎豊の名曲『15の夜』をリクエスト。すると榎並アナは「(受刑者は)27歳ですから」と言って歌うのを拒否。坂上もまさかの回答に「それぐらいわかってますから!」と笑っていた。 4月から始まった坂上の新番組『直撃!シンソウ坂上』に榎並アナが起用されたのも、『バイキング』でのコンビネーションが評価されてのことだろう。  そんな榎並アナは毎年、坂上の6月1日の誕生日にちょっと変わったプレゼントをしているのだという。それは、羊毛フェルトで一針一針作った坂上の愛犬。毎年1匹ずつ、それぞれ違う飼い犬をモチーフにした人形を、夜なべをして完成させている。身長180cm、大学時代は水泳部主将として鳴らした細マッチョのスポーツマンがハンドメイドに明け暮れる姿を想像すると微笑ましくなる。さて、榎並アナ、今年は何を贈るのだろうか。  2008年入社。同期は、フリーアナウンサーとして活躍している加藤綾子アナ、そして『FNN プライムニュースα』のメインキャスター、さらには『Mr.サンデー』では宮根誠司アナとともに司会を担当し、フジ報道の顔となっている椿原慶子アナ。これまで活躍の場があまりなかった「遅れて来たルーキー」の逆襲なるか。 (芸能ライター・飯山みつる)
2018.05.28 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト