スポーツ

貴乃花理事解任で揺れる角界 そもそも「一門制」とは?

理事解任提案がされた臨時理事会での貴乃花(写真:JMPA)

 貴乃花親方の理事解任提案を巡って日本相撲協会は揺れに揺れている。事は貴乃花親方1人の問題ではなく、角界を構築してきたシステムそのものの存続にかかわる事態に発展しつつあるからだ。

 その状況を図解で詳細に伝えた、『週刊ポスト』(1月1日・5日合併号)掲載の「角界100人相関図」は、角界関係者の間で回し読みされるほど注目されている。

 現在の角界は「一門」という6つのグループで構成される。出羽海一門、二所ノ関一門、時津風一門、伊勢ヶ濱一門、高砂一門、そして2014年に正式に一門として認められた貴乃花一門である。一門内には複数の相撲部屋が存在し、それぞれに親方がいる。かつては一門単位で巡業をしていたことから一門内の力士同士の対戦が組まれなかった時代があり、現在も相撲協会から配分される助成金は一門ごとに配られ、各一門が所属する部屋に配分する流れだ。つまり、一門制度は角界の「統制システム」といえるのである。

 一門は自民党の「派閥」に似ている。自民党内には二階派、麻生派などの派閥があり、所属人数や発言力によって自民党という組織の体制や方向性が決まっていく。また、派閥の領袖(ボス)である二階俊博氏や麻生太郎氏らの大物政治家は、自派閥の議員が大臣などの主要ポストに就けるよう党に働きかける。「餅代」と呼ばれる活動資金を配分する際も派閥単位。自民党内の利害調整機能を果たしている点で、まさに角界の一門と同じだ。

 だが、角界と政界で決定的に違うのは、一門の名称と親方の名称の「格」が必ずしも一致しないことだ。たとえば高砂一門には高砂親方(元大関・朝潮)が所属しているが、一門の事実上のトップは現理事長である八角親方(元横綱・北勝海)である。つまり一門の「領袖」の名前を冠しているわけではない。その点が一門制を分かりにくくする原因の一つになっている。

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン