国内

お寺婚活「吉縁会」 恋愛未経験男子に「まずフラれよ」と説教

「吉縁会」の発起人、龍雲寺の木宮行志さん。書家・金澤翔子さんの筆による一円相の前で

 お寺で行う婚活「吉縁会」に、独身男女が殺到している。2010年の発足以来、静岡の本部に加え、東京、名古屋、岐阜、大分、仙台のお寺(臨済宗妙心寺派)で婚活の会が開催されてきた。発起人は、静岡県浜松市にある龍雲寺の副住職、木宮行志(きみや・こうし)さん。なぜ、結婚したくてもできない人が増えているのか。なぜ、お寺が婚活をするのか。「普通の僧侶より、独身者にまみれています」と話す木宮さんに、“結婚”をめぐる困難な現状と、結婚と幸せについて伺った。(【前編】【後編】2回に分けてお届けします)

* * *
◆私たちは試されている

──「吉縁会」を始めて7年。婚活をめぐる状況を、どう感じていらっしゃいますか?

木宮:まず、私たちの婚活の会に集まった人にお話するのは、「今日は相手を選ばないでください」ということです。婚活に集まる人たちは、相手を「選ぼう」という意識でやってくる。そうすると、必然的に、人を条件で見るようになるんですね。外見や年齢、会社名や年収、そういった目に見える表面的なものばかりを見ようとする。だから、まずは選ぶのをやめてくださいと言うのです。

 ではどうするのか。選ぶのではなく、「出会った人と幸せになる」のです。結婚には、そういう心のあり方が大事だということを、伝えています。

──とはいえ、「出会いがない」という声が多く聞かれます。

木宮:みなさん、そう仰る。不思議なのは、出会いの場と、そうでない場を、くっきり分けている人がいることですね。婚活は出会いの場だけど、職場は違う、とか。極端な話、コンビニでだって、出会おうと思えば、出会えるんです。そのためには、店員と客ではなく、「人と人」として出会う気持ちが大事ですね。出会うの「出」には、家から出るとか、合コンへ出るという意味だけでなく、自分の心から出ていく、相手に近づいていくという意味があります。整った出会いを待っていては、いつまでたっても出会いはありません。

──そもそも、出会いの縁というのは、ある人もいれば、ない人もいるのでしょうか?

木宮:仏教では「縁起」というように、縁は自ら起こしていくものです。そして、その起こした縁を、よりよいものにしていくことが何より大切ですね。最初からいい縁と悪い縁があるのではありません。これは、「この人と結婚したら絶対に幸せになれる」という人がいないのと同じです。誰と結婚したって幸せになれるし、誰と結婚したって不幸になれるんです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン