• TOP
  • ライフ
  • 目薬や目のマッサージに老眼悪化の懸念、網膜剥離の恐れも

ライフ

2018.01.25 16:00  週刊ポスト

目薬や目のマッサージに老眼悪化の懸念、網膜剥離の恐れも

目薬でますます老眼が悪化することも

 年を重ねれば誰もが悩むことになる老眼。それゆえに「みんななるものだし……」と甘く見ていると、取り返しのつかないことになるかもしれない。世の中で行なわれている老眼対策に医師たちは警鐘を鳴らすのだ。

 老眼鏡をかけるまでもない、と“お手軽”な対策で済ます人は多いだろう。老眼に伴うかすみ目を解消するために、目薬を注すケースが典型だが、彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長・平松類医師は注意を促す。

「目薬によって一時的に症状が軽くなる効果はありますが、あくまでも対症療法です。それどころか、間違った目薬選びをすると老眼を悪化させる場合もあります。

 とくに有効成分の中に『塩酸テトラヒドロゾリン』『塩酸ナファゾリン』『塩酸フェニレフリン』などを含んでいる目薬には要注意。これらは血管を収縮させる成分で、“目の充血解消”などを謳った市販の目薬に含まれていますが、繰り返し使用すると血管が太くなり、逆に充血が悪化する可能性がある。

 また市販の目薬には細菌の繁殖を防ぐため、防腐剤を入れているものがあります。防腐剤には角膜を傷つけるリスクもあります。いずれも老眼を悪化させる要因になりかねません」

 見えづらさをなんとかしようと目頭を揉むなど「目のマッサージ」をする人も少なくないが、スマイル眼科クリニック・岡野敬院長は否定的だ。

関連記事

トピックス