芸能

前田美波里、由美かおる…「広告ポスターの昭和女優」

前田美波里の資生堂ポスター(1966年)

 戦後の混乱から高度経済成長を経て、バブル景気で頂点を極めた激動の時代の中で、様々な商品やサービスが次々と生まれ、国民の消費意欲を大いに喚起した。当時の広告に目を向けると、生々しい息遣いが聞こえてくる。

 日本唯一の広告ミュージアム「アドミュージアム東京」の学芸員・坂口由之氏が語る。

「広告は“時代を映し出す鏡”といわれます。時々の時代背景に応じた広告表現が生まれる。広告の歴史を紐解けば、人間と社会の関係が見えてきます」

 戦後の広告を振り返ると、そこにはいつも美しい女性の姿があった。1950年代、“三種の神器”のひとつだった洗濯機の広告には、それまで女性が担ってきた家事の重労働を劇的に軽減するというキャッチコピーが躍った。また、別世界の存在として憧れる映画女優がポスターでニッコリと勧めるのは、かつてない新しい色味の口紅やドレスだった。「銀幕のスターと同じ商品を使う」という夢物語に似た感覚が、多くの消費者の心を捉えた。

 その後、テレビが一般家庭に広く普及した1960年代に入ると、広告は飛躍的な発展を遂げた。各種メディアと連動しながら、商品の販促キャンペーンが激増した。

「最大の要因は、新聞、雑誌、ラジオ、テレビというマス4媒体が確立したことです。メディア中心の時代が到来し、広告のあり方も多様化していきました」(坂口氏)

 象徴的な広告といえば、なんといっても前田美波里を起用した資生堂の夏用化粧品「ビューティケイク」。「太陽に愛されよう」をキャッチコピーに、それまで「色白が美人の条件」の社会通念を覆し、健康的な小麦色の肌を露わにしたポスターが話題を呼んだ。以降、モデルによる夏のキャンペーンというスタイルを取り入れる企業が急増、同時に海外ロケも一般化していった。

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「徳洲会」創設者・徳田虎雄氏。86歳で亡くなった(時事通信フォト)
【追悼】徳田虎雄さん 原動力となった「医療に革命を起こそうとする意志」 戦友が明かす「手についたぎょうさんの傷」への思い
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン