芸能

寺島しのぶ「梨園の女」としての苦しみ 家族への反骨の演技

名門・音羽屋の長女として生まれた寺島しのぶ

 中世日本の女性「出雲阿国」が祖だとされるが、いつの間にか、歌舞伎の舞台から女性は姿を消す。いくら憧れても、芸を磨いても、現代の歌舞伎では、女は役者になれない。市川海老蔵(40才)の長女・麗禾ちゃん(6才)は、歌舞伎本公演への出演を果たしたが、女性が舞台に立てるのは子役としてのみ。いつの日か「梨園の女」としての高いハードルが立ちはだかることとなる。

 名門・音羽屋の長女として生まれた寺島しのぶ(45才)は、歌舞伎界の“女人禁制”のしきたりに真っ向からぶつかった。それは、寺島の弟・尾上菊之助(40才)の存在だった。

《弟の菊之助が6歳で初舞台を踏んだ。すると、晴れやかな歌舞伎の世界を歩み始めた弟と父、母の、私を除いた家族3人で、頻繁に歌舞伎の話をするようになって。

 そんな時間は、孤立感が込み上げてきて、ひとり自分の部屋に閉じこもっていました》(『YomiuriWeekly』2003年3月2日号)

 幼少の寺島は、父・尾上菊五郎と同じ舞台に立つことを夢見ていた。だが、成長するにつれ、それが実現不可能な夢であると自覚し、憧れは怨嗟へと変わっていく。

「放課後を友人の家で過ごし、そこで宿題をし、夕飯を食べる。家には寝に帰るだけという生活を続けた時期もあったそうです。それでも演技の道を諦めきれず、映画で体当たりのラブシーンを演じて女優としての地位を築き上げました。実は、母・富司純子からは、“裸になったらお嫁にいけないから絶対やめなさい”と猛反対されていたそうです。それを押し切ったのは、歌舞伎を中心に回る家族への反骨もあったんじゃないでしょうか」(芸能関係者)

 現在は日本舞踊の名取として活躍する市川海老蔵の妹・ぼたん(38才)は、名門に生まれたが故に目指すべき場所を見つけられず、もがいた。

《歌舞伎役者の娘さんで自分も役者になりたかったという人がいるけど、私はそういう願望はなかった》(『週刊朝日』2006年6月30日号)

 父・團十郎さんとの対談で、ぼたんは過去の心境をそう吐露していた。

「幼少から踊りに三味線に長唄の稽古に通いながら、ぼたんさんはいまいち身が入らない時期が続いたんです。稽古を黙って休むことも頻繁にあったそうで、團十郎さんから舞台出演を打診されたときには、“いやだ!”と拒絶して家出したそうです。結局、明確に進路を決めたのは、梨園の女としてはだいぶ遅い成人後の大学3年生のときでした」(歌舞伎関係者)

※女性セブン2018年3月1日号

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン