• TOP
  • ライフ
  • 指原指摘の20デニール以下は脈アリ? パンストが示すサイン

ライフ

2018.02.28 16:00  週刊ポスト

指原指摘の20デニール以下は脈アリ? パンストが示すサイン

 職業によっても選択するパンストの種類は変わる。

「看護師用の動きやすいパンストも発売されていますし、航空会社と共同開発したCAが機内で穿くための着圧の強いパンストも話題になりました。また女子フィギュアの選手がスケート靴の上から穿いている特殊なストッキングはオーバータイツという特別なものです」(同前)

 そして男性にとって大事なのは、パンストから女性心理を読み取ることだという。

「たとえば女性がデートに20デニール以下の透け感の強いパンストで現われたら、脈アリの可能性大です。反対に50デニール以上の濃いタイツは警戒心の証。女性のパンストの透け感は、どの程度心を許しているかのバロメーターなんです」(同前)

 男性は、デニールの向こう側に隠された女性の気持ちを読み解く必要があるらしいのだ。

※週刊ポスト2018年3月9日号

コメント 1

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス