国内

都内の人気公立小学校 小渕優子の息子のクラスで学級崩壊

小渕議員の息子が通う公立小のクラスが学級崩壊

 東京23区内でも、特に行政が教育に力を入れているというX地区だけに、「低学年のクラスで学級崩壊が起きた」という話は、教育熱心なママたちだけでなく、地域の住民にもすぐに伝わったようだ。

「X地区には松山ケンイチ(33才)・小雪(41才)夫妻など芸能人も多く住んでいます。都内でも有数の“住民の平均年収が高い地域”として知られていて、数年前までは5人に1人の子供が“お受験”して私立小学校に通うといわれていました。ところが最近、子供を地域の公立小に通わせたいと希望する親が増えているんです」(地域に住む幼稚園児の母親)

 日本全国ほとんどそうだが、入学する小学校は「学区」で決められている。住む場所によって、通える公立小は1つに限定される。それが嫌ならば、引っ越すか、お受験をして私立か国立に行くしかない。

 しかし、X地区では近年、希望者は学区外の公立小でも定員数に余りがあれば入学できる制度を作った。つまり、地域にあるいくつかの公立小の校風や教育環境、進学実績を比較して、その中から選べるようになったのだ。それによって、X地区ではにわかに、定員の2倍の入学希望者が殺到する「人気公立小」も出現することになった。

 問題は、X地区でもよく知られた人気公立小の低学年のクラスで起きた。きっかけは、ほんのささいなことだった。

「昨年の夏頃、担任の先生が病気で交代したらしいんです。若い女性の先生から、また別の若い女性に代わった。すると、急に児童たちが落ち着かなくなったそうです。数人の児童が中心になって授業中にワーワー騒ぐだけでなく、先生に注意されても、児童が勝手に教室内を歩き回ったり、フラフラと廊下に出たり、物を投げ合ったり、机をわざと倒したり。秋頃には、授業に集中できない状態になってしまったそうです。問題のクラスが騒ぎ始めると、他のクラスの担任も児童を落ち着かせるように助けに行くこともあったようです」(別の学年の保護者)

 驚いたのは保護者だ。高校や中学、ちょっとませていたとしても小学校高学年ならば「荒れるクラス」があってもおかしくはないが、高級住宅街にある人気校の、しかも低学年のクラスで学級崩壊が起きるとは──。

関連記事

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
街コンにも様々なタイプが…(イメージ)
既婚者だけが集まる「不倫街コン」 会場全体で「パートナーには内緒」の共犯関係が成立
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン