国内

何度も大津波にあった三陸沿岸地域“命てんでんこ”の考え

三陸地方に根づく自己防災の意識(写真/アフロ)

 三陸海岸に面する岩手県宮古市。その津軽石川近くに、園児54人が通う宮古市立津軽石保育所があった。2011年3月11日、14時46分。

 それはちょうど、子供たちの昼寝の時間が終わる直前のことだった。ゴーッという地響きとともに体を突き上げるような揺れが園舎を襲った。寝ていた子供たちは悲鳴をあげて飛び起きる。「地震だ!」。

 尋常ではない激震。横揺れがさらに激しさを増し、波打つ床に体が揺さぶられる。このとき、所長の坂本静枝さん(66才)は即座に判断した。

「津波がくる。急いで山へ!」

 この2日前の3月9日も、宮古市ではマグニチュード7.3、震度5弱の地震が発生していた。ところが心配された津波は数十cm。被害もなく報道も途絶え、「またいつもの地震」と誰もがそう思っていた。

 だが坂本さんが気になっていたのは9日の地震で見た海の引き波。嫌な予感が頭から離れなかった。

「1週間は注意しようと思いました。そこで、普段お昼寝のときは寝間着に着替えさせて寝かせるのが保育所の方針ですが、子供が各々にすぐ逃げられるよう衣服を着せたまま寝かせていたんです。外気温はマイナス。もしあのとき寝間着だったら、子供の着替えに翻弄され間に合わなかったかもしれません」(坂本さん)

 過去何度も大津波(明治29年、明治三陸地震による津波は、高さ30mを超す大津波。昭和8年、昭和三陸地震では、約29mの津波が押し寄せた)に見舞われた三陸沿岸地域には「命てんでんこ(命は各々で)」という考えが浸透している。

「命てんでんこ」は、たとえ幼い子供であろうが、人に頼らず“自分のことは自分で守る”という自己防災。大人がいなくても、子供たちが自らの判断で逃げられる訓練を重ねてきた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン