芸能

博多華丸 東京歴が長くなり「博多を名乗るのは…」と複雑

新「あさイチ」も息ピッタリ(写真は4月2日の記者会見)

 井ノ原快彦(41才)と有働由美子アナ(49才)の名コンビによる『あさイチ』最終放送日(3月30日)のテーマは「引き継ぎの極意」。ゲストに新MCの博多華丸・大吉と近江友里恵アナ(29才)が登場し、公開バトンタッチが行われた。

「放送終了後はNHKの会議室で、局内の食堂からのケータリングという庶民的な打ち上げが行われました。華丸さん(47才)、大吉さん(47才)も参加し、朝ドラでおなじみのリレーバトンも行われ、花束贈呈があったそうです」(番組関係者)

 迎えた運命の初回放送4月2日。スタジオのセットはそれまでカラフルだったが一新され、青色ベースに変わった。

「冒頭、大吉さんが『違和感しかないでしょ。(視聴者と)お互いさまです』と自虐まじりに挨拶。その後、華丸さんがスタジオについて『だいぶ青いですね』と指摘すると、大吉さんがその日に始まった朝ドラのタイトルを引き合いに、『半分、青い。ですけどね』と切り返し、イノッチと有働アナが得意としていた“朝ドラ受け”もうまく引き継いでいました」(前出・番組関係者)

 初々しいドタバタを期待していた視聴者にはちょっと期待ハズレだったかもしれないぐらい、ソツのない堂々の滑り出し。でも、彼らは人知れず悩みを抱えているのだとか。

 1990年にデビューした2人は主に福岡で活動。2005年に上京して活動の拠点を東京に移したが、コンビ名の通り、地元への愛は博多湾よりも深い。

「番組や舞台への差し入れは必ず福岡の銘菓や名産品です。仕事で福岡に行くと、帯同したマネジャーや番組スタッフにいつも博多のおいしいものをご馳走する。とにかく福岡を好きになってほしいと、いつも気を配っていますね」(芸能関係者)

 しかし、そんな地元愛と反比例して東京で積み重ねるキャリアの長さが華丸を悩ませているという。

「改名を真剣に考えているんです。上京して今年で13年目になり、あと2年経つと東京での活動歴が福岡と並びます。天然というか純粋な華丸さんは、“もう博多を名乗るのはおかしいのでは”と心が揺れ動いているそうです。でも、地元は好きやけん…と本気で頭を悩ませています」(前出・芸能関係者)

 上京して15年目は、東京五輪開催の2020年。

「時期的にもちょうどいいですし、期間限定で『東京華丸・大吉』に改名するかもしれませんね。ただ、“違和感しかない”ですけど(笑い)」(前出・芸能関係者)

 福岡県民からの「なんばしよっと!」というツッコミが聞こえる。

※女性セブン2018年4月19日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン