国内

天皇陛下が執筆陣に参加した6900円魚類図鑑が異例のヒット

陛下はハゼの項目を4ページ執筆された(時事通信フォト)

 硬派な図鑑が、発売2週間で増刷する異例のヒットとなっている。3月20日発売の『日本魚類館』(税抜き6900円)である。

 研究者や愛好家向けに国内約1400種類の魚類を紹介するその内容とともに話題を呼んだのが、執筆陣に天皇陛下が参加していることだ。担当テーマはハゼに含まれるチチブ属についてである。同書の編者・監修者で、陛下への執筆を依頼した京都大学名誉教授の中坊徹次氏が振り返る。

「一昨年6月、皇居内の生物学研究所で、直接お目にかかってご執筆を依頼いたしました。依頼の理由はただひとつ、チチブ属の魚については陛下が日本で一番お詳しい方だからです。かつて非常に興味深い論文をお書きになっていたので、“ここは陛下しかいない”とお願いした」

 それから約1年後、陛下から侍従を通じて「原稿が形になりましたので」との連絡があったという。

「原稿はワープロ打ちでした。陛下とは計8回、直接お目にかかって議論しながら推敲を重ねましたが、他の著者と比べて特別多いというわけではありません。陛下からも色々とご提案をいただき、不要と思われる部分を削除したり、陛下が『つけ加えたい』と仰った部分などを加筆しながら原稿を詰めていきました」

 図鑑が出来上がって皇居に献上した際、天皇陛下が最も喜ばれたのはそれぞれの魚の「うきぶくろ」の違いが詳しく写真で表現されていたことだという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

角谷アナにA氏との関係を聞くと「ちょっと急いでまして、すみません」と回答
【入手】結婚のテレ東・角谷暁子アナが友人だけに「イケメンマッチョな旦那写真」を公開していた「生きてこられて幸せです」
NEWSポストセブン
スマホで電話をかける藤木直人
藤木直人、大東駿介、片桐仁が名門私立幼稚園の舞台にサプライズ出演 「100万円稼ぐ」の言葉に保護者感動
NEWSポストセブン
スッキリ休んで躍進に備える?(写真/ロケットパンチ)
日テレ・岩田絵里奈アナ『スッキリ』終了でも「秋の改編」で期待される「岩田無双」
週刊ポスト
別居していることがわかった篠田麻里子
《離婚発表》元夫はなぜ篠田麻里子の「言葉を信じる」ことになったのか 不倫疑惑に「悪いことはしていない」
NEWSポストセブン
行方不明になった隼都さん
《壱岐市高校生が遺体で発見》虐待疑惑の里親を「みんなで支える」教育長の聞き取りに複数の実親が出していた答え
NEWSポストセブン
WBC表彰式後の大谷翔平(AFP=時事)
WBC決勝前、大谷翔平はなぜ「憧れるのをやめましょう」と言ったのか 心理士が指摘する“憧れ”の副作用
NEWSポストセブン
当時、唐橋は交際について「そっと見守ってください!」とコメント(2018年10月撮影)
《メガネを外した貴重シーン》唐橋ユミが表情トロン、結婚相手の映画監督とラブラブデート現場
NEWSポストセブン
14年ぶり世界一に日本中が歓喜した
【侍ジャパン】次期監督、工藤公康が有力候補も「消極的」か 3年後の世界一に相応しいのは?
NEWSポストセブン
任意聴取時には「救急車を呼ぼうとしたが」とも話していたという
【肉声入手】京都タリウム殺人 完全黙秘の容疑者が知人に明かしていた「彼女の死後に宇多田ヒカルで号泣」「20万円の“弔いシャンパン“」
NEWSポストセブン
ベンチで存在感をはなつ城石(時事通信フォト)
《WBCベンチで存在感》栗山監督の横にいるイケメン参謀コーチは「フリーターからプロ入り」異色経歴と元妻は人気女子アナ
NEWSポストセブン
“年内8冠”への期待も(時事通信フォト)
藤井聡太が6冠制覇も“年内8冠”はあるのか 最大の敵は「ハードスケジュール」
週刊ポスト
WBCでは1番打者として活躍したヌートバー
《WBC優勝に貢献》ヌートバーの“愛されキャラ”に影響を与えた意外すぎる「日本の児童書」
NEWSポストセブン