• TOP
  • ビジネス
  • マツダ、ボルボ、ジャガー SUV好調3ブランドの共通項とは

ビジネス

2018.05.03 07:00  NEWSポストセブン

マツダ、ボルボ、ジャガー SUV好調3ブランドの共通項とは

新型SUV「CX-8」の販売が好調なマツダ

 自動車販売で国内・海外メーカーを問わずSUV(スポーツ用多目的車)の人気が続いている。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏は、数あるSUVの中でもマツダ、ボルボ、ジャガーといったメーカーが発売する“個性派モデル”を評価しているが、じつはこの3社には共通項があった。

 * * *
 最近、ボルボとジャガー(ランドローバー)、そしてマツダの3ブランドは、まさに絶好調という様子です。

 ボルボの「XC60」は、昨年の日本カーオブザイヤーだけでなく、世界カーオブザイヤーも獲得。新型の「XC40」は、欧州カーオブザイヤーの栄冠に。日本だけでなく、世界中で高い評価を得ているのです。

 また、ジャガーは人気SUVの「Fペイス」に続くモデルとして、新型「Eペイス」を日本にも2月から発売を開始。ほかにEV(電気自動車)のSUVである「iペイス」も発表するなど、注目を集めています。

 そしてマツダは、2012年から投入される「第6世代商品群」が好評で、昨年の暮れに投入した新型SUV「CX-8」の販売も好調とか。

 実際に、今年になってから試乗したマツダ「CX-8」、ボルボ「XC40」、ジャガー「Eペイス」は、どれも個性的で非常に魅力的なモデルでした。

 ものすごく数が売れて、トヨタやフォルクスワーゲン、メルセデスベンツを脅かすような存在ではありませんが、ボルボ、ジャガー(ランドローバー)、マツダの3社は、独自の個性が光るブランドとして、クルマ好きを中心に高い人気を集めています。

 そして、この3ブランドには、ある共通項があります。それは、すべて元フォード傘下だったということ。

関連記事

トピックス