• TOP
  • ビジネス
  • 肩書き増加の背景 「副部長」と「部長代理」はどっちが偉い?

ビジネス

2018.05.07 11:00  週刊ポスト

肩書き増加の背景 「副部長」と「部長代理」はどっちが偉い?

 ややこしい肩書きの増加について人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。

「団塊世代が管理職の適齢期を迎えた1990年代後半にポストが不足し、モチベーションを維持するために肩書きが必要ということから、『担当部長』や『担当課長』といった、実際には部下のいない管理職が増えました。その結果、本来の管理職である『人事部長』の下に『人事部 部長』なる部付部長が3人ほどいるようなケースが続出しました」

 この現象は幅広い業種で見られ、たとえば総合飲料大手のキリンの人事発表リリースを見ると、同じ発令日に「総務部長」に昇進した人と、「総務部部長」に昇進した人がいたりする。

※週刊ポスト2018年5月18日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス