• TOP
  • スポーツ
  • 大相撲番付インフレ カギを握るのは小結・遠藤、阿炎と豊山

スポーツ

2018.05.10 07:00  週刊ポスト

大相撲番付インフレ カギを握るのは小結・遠藤、阿炎と豊山

初の三役となった遠藤(時事通信フォト)

 大相撲見物に行っても、横綱がそろうところを見られない。せっかく回復した人気がまた下落するのを恐れてか、昇進基準をゆるやかに解釈して、栃ノ心を大関に、高安を横綱にしようという浅はかな人気回復策が囁かれている。そんなお手盛りの“番付インフレ”が本当に起きてしまうのか。カギを握るのは高安、栃ノ心とぶつかる幕内上位のガチンコ力士だ。

 注目は幕下付け出しデビューから6年目にして初の三役となった小結・遠藤。

「3月場所は初日に高安を送り出しで破るなど9勝6敗。対高安戦は通算成績も7勝6敗とリードしている。栃ノ心との過去の対戦も3勝3敗の五分。今場所の台風の目となる最右翼」(ベテラン記者)

 同じく春場所で高安に土をつけた逸ノ城も、関脇として5月場所に臨む。優勝を目指す高安にとっては難敵になるだろう。

「昇進の条件は栃ノ心のほうが楽」とみるのは、スポーツ紙デスクだ。

「栃ノ心が苦手とする貴景勝は幕内下位に、阿武咲は十両まで番付を落としているのは追い風。栃ノ心の“鬼門”になるとすれば、初顔合わせになる阿炎(あび、前頭2)と豊山(前頭3)。ともに春場所は10勝5敗と勢いに乗る24歳の若手です。とくに元関脇・寺尾が指導する錣山部屋の阿炎は上位陣から警戒されていて、白鵬が巡業最終日にわざわざ三番稽古の相手に指名したほど」

 協会の目論見通り、「新・横綱&大関」の誕生となるか、それを阻む“新星”が現われるのか。土俵上の戦いから目が離せない。

※週刊ポスト2018年5月18日号

関連記事

トピックス