国内

子供がいない人のイベントが人気、涙ながらに悩み訴える人も

『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』の著者・くどうみやこさん

 女性の活躍が望まれ、生き方も多様化した現代の日本社会。晩婚化も進み、非婚の人も増えているが、総務省の調査では、50才までに子供を持たない女性の割合は、1955年生まれでは12.6%なのに対し、2000年生まれの人では31.6%になるという。

 そんな予想がされる中、大人ライフプロデューサー・くどうみやこさんの著書『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』が、ネットで話題になっている。

「少子化が進み、ママ賛美の風潮が高まり、ママ向けの本などは多いのに、増えつつある子供のいない人の生き方に関する情報は、ほとんどありません。私自身、子供のいない人生を歩むことになりましたが、どうすれば満ち足りた人生を送れるのか、わかりませんでした。

 子供を持てなかったことに苦しみ、悩み続けている人がたくさんいるのに、その声が聞こえてこない。それなら同じ境遇である私が本音を聞こう、そして世間に発信しようと思ったんです」(くどうさん・以下同)

 子供がいない人同士で集まるイベントを開催すると、あっという間に満席に。参加者には、涙ながらにつらさや悩みを訴える人も多いという。デリケートな問題だけに、これまで話題にするのを避けてきた人も多く、話す場所さえなかったのが現実だ。

「まだまだ“女性は子供を産み、育てるのが当たり前”で、それが幸せだという固定観念が根強く残っています。子供がいない人はどこか肩身の狭い思いをしながらも、声高に主張せず過ごしてきたのです」

 子供がいないという女性たちからは、こんな本音が聞こえてくる。

「学生時代からの仲間は私以外、全員子供を産んでいます。今も、年に数回集まるのですが、話題は子供のことばかり。産みたくても産めなかった私は、毎回、苦痛で…」(42才・主婦)

「田舎でひとり暮らしをしている母は、隣の家の赤ちゃんを孫のようにかわいがっています。その姿を見るたび、孫を見せてあげられなかったことが申し訳なくて…」(58才・会社員)

「40代半ばで結婚したので、子供は望んでおらず、保護猫を引き取って子育てらしきものを体験中。お互いパパ・ママと呼び合い、幸せな毎日です」(48才・パート)

 100人以上から直接話を聞いたというくどうさんによると、産まない人たちの理由は、大きく分けると「タイミングを逃した」「病気による体の事情」「育てる自信がない」「努力したが授からず諦めた」の4つに分類されるという。

※女性セブン2018年5月31日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン