• TOP
  • 国内
  • 安倍・麻生発言 心理学的に見た2人のパーソナリティを分析

国内

2018.05.24 07:00  週刊ポスト

安倍・麻生発言 心理学的に見た2人のパーソナリティを分析

「粘着気質の人は、『この道しかない』と一つのことを始めると、間違っていてもその方向に進んでしまう。つじつまを合わせようとして、違う方向にどんどん進んでいくことがある。そして矛盾が解消できず、いつか爆発する」

 爆発のタイプは様々で、「当たり散らす人もいれば、最後は自暴自棄になって自爆する場合もある」という。

 第1次政権の安倍首相は、消えた年金問題で批判を浴びると「最後のお一人に至るまできちんと年金をお支払いしていく」と国民に約束しながら、何もできないまま行き詰まり、最後は突然、自暴自棄になったように政権を投げ出した。

 状況は、似てきた。

※週刊ポスト2018年6月1日号

関連記事

トピックス