• TOP
  • 国内
  • 北海道の高校勤務のビリギャル、生徒にやる気出させる深慮

国内

2018.05.30 07:00  女性セブン

北海道の高校勤務のビリギャル、生徒にやる気出させる深慮

先生がたと打ち合わせする表情は真剣(撮影/菅井淳子)

 累計120万部のベストセラーとなった『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(通称『ビリギャル』)。この本は、偏差値30で学年ビリだった金髪ギャルが、慶應義塾大学に合格した実話だ。

 その本のモデルとして知られる小林さやかさん(30才)が、札幌新陽高校・2年8組で、今年4月からインターン(実習生)として働いている。そんなさやかさんに密着した。

 この日は保護者懇談会が開催されるため、授業はいつもより早い15時に終了。終業のチャイムが鳴ると、帰り支度をした生徒たちが進路支援室へと集まってくる。さやかさんが設立した部活「あそ部」のメンバーだ。さやかさんを囲み、ガールズトークが始まる。高校生でメイクはありかなしか、という話題になると、部員たちは興味津々。ここでもさやかさんは生徒たちと同じ目線に立つ。

「メイクって高校生はなんで禁止なんだろうね? 社会人になったら化粧しないとマナーがなってないって言われるのにね」

 またビリギャルの本領を発揮する場面もあった。生徒から英語の勉強法を尋ねられると、当時使っていた辞書を広げて、「わからない単語を辞書で調べたとき、1回目は下線を引く。2回目は波線。3回目になったら、それは受験本番に出てくる可能性が高い単語ということだから、マーカーで塗って、別紙に書き出してトイレとかに貼っておくの。すると何度も視界に入ってくるから覚える」といったビリギャル流の勉強法を披露すると生徒たちからは感嘆の声が漏れた。

 16時半過ぎ、さやかさんは「あそ部」メンバーを引き連れて学校を出る。現在「あそ部」では進路支援室をDIYでカフェ風に改装することを計画中。どうせやるなら本格的にということで、さやかさんの知人が経営するカフェに見学へ行くのだという。

 見学先のカフェは漆喰調の手塗りの白壁に、白木のインテリア。ドライフラワーが飾られた「おしゃれカフェ」だ。“本物”と触れ合うことで生徒のモチベーションを高めることも彼女流の教育法なのだ。

 このように、一日中休む暇なく走り回るさやかさん。自身で掲げた「ワクワクしながら働く大人の姿を子供たちに見せる」という目標を体現しているようだ。

 北の地で働き始めて1か月半が経ち、印象に残っていることをさやかさんに尋ねた。

関連記事

トピックス