• TOP
  • 国内
  • 懲りないトンデモ動画配信者をどう規制していくべきなのか

国内

2018.06.02 16:00  NEWSポストセブン

懲りないトンデモ動画配信者をどう規制していくべきなのか

子供も簡単に動画を視聴、配信できる世の中になった

 子供が将来なりたい職業の上位ランキングに「ユーチューバー」が入るようになって、数年経つ。動画配信は知名度も高まり収入も得られると、有名人も続々と配信デビューをする状況がまだ続く一方で、注目を集めるために非常識な、ときには違法な行動をして逮捕される人も続出している。ライターの宮添優氏が、懲りないトンデモ配信者たちについてレポートする。

 * * *
“ユーチューバー”という存在が市民権を得て久しい。子供に人気が高いユーチューバーのひとりHIKAKINは、動画配信だけで何億円も稼ぎだしていると言われ、ゴールデンタイムのバラエティ番組にも出演するほどの人気者だ。海外にもこうした大物配信者が多く誕生しており、その辺の芸能人やモデルよりも、膨大な収入を手にし大きな影響力を持つようになった。

 かつては“芸能界に憧れる”人々が大勢いたのと同様に、動画配信セレブを目標にする「夢見る」人々が多く存在するが、動画配信をする人のなかには目立ちたいだけ、もしくは激しい反響をもらっているから自身を人気者だと勘違いしているという配信者も続々と誕生している。ひどい場合は、みずから犯罪行為を実行した様子を配信するなどして検挙されるといった例も散見される。

 先日、動画の配信中に酔って女性を殴ったとして逮捕された三十代の男は、以前からネット界隈でも「厄介者」として有名だった。ところが、ネットウォッチャー・ユカさん(23)によれば、あの程度はまだマシなほうなのだという。

「今回逮捕された男は、以前も無免許運転をしたり、交番に無断で立ち入っているところを動画で配信し逮捕されていました。お調子者というか、極度の目立ちたがり屋ですが、まだかわいいほう。とある動画の配信サイトでは、未成年の子が飲酒や喫煙をしながら配信したり、脱いだり暴れたりとひどいものです」(ユカさん)

 ユカさんが見せてくれたのは、まだ幼い顔立ちの、未成年らしき人物が配信した映像の録画だ。

「自称19歳の配信者の男性が、18歳を自称する女性と酒を飲みながら動画を配信していました。配信を見ていたユーザーから煽られて、キスをしたり下着姿になっていました……」

 二人の配信者はその後もアルコール度数の強い酒をガブガブ飲み続けると、ついには全裸になり、そして女性のカラダを、男性が氷でまさぐり始めた。

「配信を見ていたユーザーは大盛り上がり。ほとんどの場合、こうした下劣な配信は運営側によってBAN(配信の強制停止)されますが、運営者によっては緩いところもあり、そのまま垂れ流されます」

 中には「児童ポルノ」に該当するような映像を配信する輩もいる。明らかな違法行為だが、視聴者の非難を浴びて配信を続けられなくなるのかというと、現実には逆の現象が起きている。そういった配信者には一定数のファン層が形成され、ファンが配信者に金銭的な援助を行ったりして、配信者の過激さが助長される場合も少なくないのだという。

「若い女性の配信者が、ユーザーに“裸になったらお金をあげる”などとそそのかされて、実際に脱いでしまうことがある。動画はユーザーらによって保存され、アダルトサイトに転載されたり、違法なDVD製品となって販売されるのです。でもそんな危険性を、配信者は知らないのでしょう。知っていてもお金になるならと目をつむる」

 筆者がある配信サイトで確認した映像では、ホスト風の男性二人が酔っ払い、同じく酔っぱらった女性にキスを迫るなど、おぞましいシーンの連発だった。配信サービス提供会社の規約に違反した内容だと思うのだが、配信がBANされることはなく、映像を見たユーザーらによる「すごい」「もっとやれ」などのコメントが次々に流れている。

「過激な配信者は、過激なことをやればやるほどファンが付くことを知っているし、それで逮捕や検挙されたところで、また同じことをやって注目を集めればよいと考えています。実際に、ユーザーからの援助や、広告などでそれが“カネ”になるし、逮捕されることも“宣伝”くらいに考えている人間もいる。好かれる必要はなく、嫌われようが目立つことさえできればよいのです」

関連記事

トピックス