芸能

隠し録り音声のネット流出 リベンジポルノ以外は違法性なし

撮影や録音は簡単に(写真:アフロ)

 近年、プライベートな記録が本人の知らないところでネット上に流出し、思わぬ被害を受けることが社会問題になっている。

 その代表格が「リベンジポルノ」だ。元交際相手や元配偶者が、感情のもつれから、相手の私的な性的画像や動画などをネットにアップするという卑劣な行為で、警視庁への相談件数は年々増え続けている(2017年は過去最多の1243件)。3年半前にリベンジポルノ防止法が成立し、刑罰に問われるようになった。

 ポルノに限らず、本人が望まない情報が勝手にネットにアップされて、不特定多数に知られていく危険性は、近年、急激に高まっている。カメラ付き、録音機能付きのスマホの普及と、情報データを簡単にアップできるSNSが身近になったことが原因だ。

 5月下旬には、NEWSの小山慶一郎(34才)と加藤シゲアキ(30才)が参加した飲み会の様子を録音した音声がネットに流出。「せーの! 小山も、アソレ!」、「シゲちゃん、いただきましたか!?」と男性が場を盛り上げたり、「A子(女性の名前)ターゲット、飲み干せ!」と何かを一気飲みさせようとする一幕が収められていた。このA子という女性は小山と加藤に対して“20才”だと言っていたというが、実際には19才だったということで、「未成年飲酒騒動」となったというわけだ。ちなみに、解析によると、流出した音声データはスマホで録音されたものである可能性が高いという。

 ただし、リベンジポルノ以外のデータの公開については、現在のところ違法性はないという。九段下総合法律事務所の伊倉秀知弁護士の指摘。

「公道や店内などオープンなスペースでは撮影や録音をして、そのデータを公開しても、規制する法律はありません。しかし、公開によって著しく悪影響を受けた場合には、プライバシーの侵害や名誉毀損の損害賠償を請求することは可能です」

 一般社会において、実際、誰かの同行者が未成年であった場合、本人が成人だと嘘をついたとしたら、その確認をするのは極めて難しい。

 しかもスマホさえ持っていれば、誰でも簡単にコッソリと撮影者や録音者になれる。「口にしたことはすべて録音される可能性があるという前提で過ごすほかない」(伊倉弁護士)と言うが、お互いがお互いをずっと監視し合っているようで、どこか窮屈さを感じる。

※女性セブン2018年6月21日号

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン