国内

元受刑者が明かす子供への猥褻行為の手口、6mの距離で実行

不審者は20m先からターゲットを物色している(清永奈穂さん撮影)

 連れ去りやわいせつ行為を企てる不審者は、どんな子供を狙い、どんなタイミングで行動に移すのか。実際の不審者経験を持つ人物の視点から、物色、犯行の決意、実行に移すまでの過程を探る。不審者は一体何を考え、犯行に及ぶのか。12才の頃から約30年間犯罪を繰り返したのち逮捕され、服役した元受刑者Kさんに、わいせつ行為の手口を聞いた。

「まず、犯行場所の下見をします。私の場合、昼間に最低2回は見て回り、逃げやすい道、人の目がない場所を確認します。場所が決まったらターゲットを探します。だいたい20m先から、好みの子、狙いやすい子をチェックします」(元受刑者Kさん)

 不審者は、男の子を狙うことも多いので、子供が男だからと安心はできない。また、露出の激しい服装の子が獲物にされやすいわけではなく、不審者の“好み”で選ばれるので、誰もが獲物になる可能性がある。

「私は、きょろきょろしたり、ぼんやりしていてスキがある子を狙います。約20m先から観察しながら近づき、約9mまで近づいて、いけそうだったら、“今、やるぞ”という気になる。さらに6mまで近づいた時点で、まわりに人がいないなど条件が揃ったら行動を起こします。4mまで近づいたら、もう自分の縄張り内。早足で近づき、声をかけます」(元受刑者Kさん)

 こういう時、子供はいかにして身を守るべきか。子供の安全を研究するステップ総合研究所の清永奈穂さんはこう話す。

「不審者が犯行を決意するのは子供の6m手前。自分を見ながら近づく不審者がいたら、この距離の時にランドセルを捨ててでも、反対方向に全力で走って逃げること」

 20m距離があけば、助かる可能性が高くなるという。

「元犯罪者270人の統計を出したところ、子供を追いかけて約20m走ってもつかまらなかったら“追いかける姿を誰かに見られて通報されるかも”と気になり諦めるそう。ですから子供には、嫌な予感がしたら、ためらわずにすぐ走れるように練習させておいてください」(清永さん)

◆狩場になる街で見るのは汚れ

 そもそも、犯行場所はどう目星をつけているのか。

「公園や道路にゴミが散乱している、自転車が放置されているなど、汚れていたり、管理が行き届いていない地域は狙い目。住人が地域の環境に無関心ということは、子供の安全にも無関心だからです」(元受刑者Kさん)

 清永さんによると、街の汚れは、地域の不審者目撃情報の頻度と比例するという。

「市町村から流れてくる不審者情報の頻度が1か月に1回程度であれば、自分の学区が汚れてきていると自覚し、ゴミ集積所や町内掲示板の管理を気にしましょう。週に2回情報が来るようになれば、今すぐ事件があってもおかしくない緊急事態」(清永さん)

 パトロールをする、同じ通学路の親同士で注意を呼びかけるといった地域ぐるみでの対策を行ってほしい。

※女性セブン2018年8月2日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン