• TOP
  • ライフ
  • 【名医が飲んでいる漢方薬】肩こりと気管支炎に葛根湯

ライフ

2018.07.28 16:00  週刊ポスト

【名医が飲んでいる漢方薬】肩こりと気管支炎に葛根湯

消化器外科医の喜多村陽一氏

 医学が目覚ましい進歩を見せる一方で、いま「漢方」の力が見直されている。2000年以上の伝統を持ち、西洋医学の薬とは違った作用機序による効果が期待できる漢方薬を、様々な分野の名医たちが、改めて高く評価しているのだ。

 では、どの漢方を、どんな状況・タイミングで飲めばいいのか。消化器外科医の喜多村陽一氏が「自分でも飲んでいる漢方」を明かす──。

 * * *
 よく飲んでいる漢方薬は芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)です。

 私は寝相が悪くて足を布団の外に出して寝てしまうことがよくある。そうすると足先から冷えて血流が悪くなり、足がつってしまうのです。芍薬甘草湯は筋肉のけいれんを緩和する作用があり、効果を実感できています。

 私が診ている高齢の患者さんは散歩好きな人が多く、たくさん歩いて疲労がたまった状態で夜寝ると、足がつるという人が少なくない。そういう人に対して、自分の経験から芍薬甘草湯を勧めると、後から「効きました」と言ってもらえることも多いです。

関連記事

トピックス