• TOP
  • 芸能
  • 秋野太作 渥美清さんに学んだ「流れるように流れるように」

芸能

2018.07.28 07:00  週刊ポスト

秋野太作 渥美清さんに学んだ「流れるように流れるように」

秋野太作が渥美清から学んだことは?

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、ユニークなキャラクターで映画やドラマ、演劇だけでなくバラエティでも人気の俳優・秋野太作が、テレビドラマで故・渥美清と初共演したときの思い出について語った言葉をお届けする。

 * * *
 一九六六年に俳優座に入団した秋野太作は六七年に『木下惠介劇場 記念樹』(TBS)でテレビドラマに初出演している。

「ドラマが盛んになっていく時代だったから、そちらの需要があって。出始めたら、そっちばっかりになってきてね。それがまた劇団の価値観と合わないんです。商業主義を嫌ってテレビをバカにしていましたから。『お前、舞台やる気ないのか』と言われたこともあります。その時は『やる気あっても配役されないじゃないか』と言い返していました。

 それでも、俳優座に入ったことで楽な出発点に立てた。当時のテレビは長ゼリフとか長い芝居ができなきゃ務まんない時代で、中でも俳優座は注目されていたから原田芳雄も(栗原)小巻ちゃんも僕も早くからチャンスがあった。落ちた人たちは非常に苦労したんだよね。

『記念樹』の時は、最初の撮影で助監督がいきなり『このシーン、長回しでいきます』と言ったんだ。『ワンシーンをワンカットでいきます』って。それで周りのベテラン役者はみんな真っ青になった。カットしてくれると思っていたから慌てたんだ。でも、僕はなぜ慌てるのか分からなかった。舞台しかやったことないから、全部覚えていたんだよね。それで平然とやったら『凄い新人が出てきた』と木下先生のお耳に入ったみたいで。

 その後は先生に気に入られて『おやじ太鼓』というホームドラマに出させてもらって」

 六七年の『泣いてたまるか』では渥美清と初共演する。その後も『男はつらいよ』シリーズでは渥美の弟分役を演じている。

関連記事

トピックス