芸能

小林麻耶、「海老蔵に似た雰囲気」の男性と結婚するまでの道

直撃にも笑顔があふれた麻耶とお相手男性

 7月27日、小林麻耶(39才)がブログで結婚を明かした。

《お相手は4歳歳下の優しい男性です。たくさんの愛と光に満ち溢れた生活を送っていきたいと思っています。結婚はしないと思っていた私がまさかの結婚をすることになったこのミラクルは、妹がいなくなり、あまりにも私が悲しみ続けていたので天国でみかねた妹からの最高のプレゼントだと感じています。》

 妹の小林麻央さん(享年34)が亡くなって1年と1か月。これまで麻耶は、麻央さんと市川海老蔵(40才)との子供である麗禾ちゃん(7才)と勸玄くん(5才)の運動会やバレエの発表会を見守ったり、ハワイ旅行での世話をしてきた。“ママ友”との交流にも積極的で、昨年秋には、2人の送迎のためにペーパードライバー講習に参加して、車も購入したという。

 麻耶の献身──やがてそれは海老蔵の“再婚相手”という目でも見られるようになった。

「もともと麻耶さんが海老蔵さんの大ファンで、彼女は歌舞伎界にも詳しい。子供たちも麻耶さんに懐いている。男らしく優しい海老蔵さんと一緒に生活をしている中で、当然意識することもあったでしょう。“これ以上ない再婚相手”という人もいました」(歌舞伎関係者)

 だが、それは“外野”の意見。梨園関係者の思いは違ったという。

「麻耶さんの頑張りはわかります。しかし、その分、『成田屋』は早々に彼女と距離を置くべきでした。麻耶さんはあくまで“麻央さんの姉”で、家族ではありません。團十郎を襲名する海老蔵さんにとって、嫁取りは必須条件。あまり成田屋に深入りされると、海老蔵さんは婚期を逸しかねない。ある程度の線引きは必要だと、近い周辺はみていました」(前出・歌舞伎関係者)

 周囲の意見に、海老蔵の胸中も複雑だった。

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン