国内

健康作りで通うスポーツジム 張り切って死にかけるシニアも

ジムで汗を流すのは良いが…

 スポーツジムは今、健康志向のシニアで連日大盛況だが、シニア会員によるトラブルが頻発。プールで井戸端会議を始めたり、スーパー銭湯代わりに利用したり、女性インストラクターをナンパする男性など“困ったシニア”に頭を悩ませられるケースは少なくないようだ。そして、会員本人が張り切り過ぎてトラブルになるケースもある。神奈川県内のジムに通う60代男性が打ち明ける。

「毎日のようにプールで熱心に水中ウォーキングをしている70代後半と思しき男性がいるのですが、いつも決まって途中で股間を押さえながらプール脇のトイレに駆け込むんです。“まさか水中で漏らしているのでは……”と利用者は不安がっていますが、“証拠”がないので注意もできません」

 千葉県のあるジムでは救急車の出動騒ぎもあった。

「誰とも話をせず、いつも黙々と運動しているシニア男性がいました。先日、運動を終えたその男性がロッカーでぐったりしていたので『大丈夫ですか』と声をかけると、『放っておけよ!』と怒鳴られた。でも放置された男性はそのまま動けず、スタッフが大慌てで119番していました。軽い脳梗塞で、幸い一命は取り留めたそうですが、健康づくりのためのジムで死にそうになるなんて、本末転倒です」(ジム関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン