• TOP
  • 国内
  • 【病院内警察24時】女医のストーカーをする患者への対応

国内

2018.08.07 07:00  週刊ポスト

【病院内警察24時】女医のストーカーをする患者への対応

医者の苦労は絶えない

 医師や看護師に対する暴力や患者同士の喧嘩、さらには窃盗、セクハラなど、病院内ではさまざまなトラブルが発生している。現在、こうした事件に対処すべく“院内交番”を設置している病院は全国に約300ある。

 ここでは実際に病院専属ポリスが出動した「セクハラ事件」の内容を報告する。昼食後の休診時間、30代の女医が「夜眠れない」といって院内交番を訪れた。

「これといった病気もないのに、毎日のように私を指名して病院にやってくる患者がいて……家まで来られたらと思うと怖くて仕方がないんです」と深刻な表情で訴える。万が一に備え、その日は“院内ポリス”が診察中に後ろで待機することになった。

 男性患者が診察室を後にしたところで院内ポリスが話しかける。

「軽い症状でしたら近くの病院に行かれたほうがいい」

 優しい口調だが、目には相手を制圧するような鋭い光が宿っていた。それ以降、男性患者は病院に姿を見せなくなった。

「患者にお尻を触られた」「胸を揉まれた」と、院内交番に駆け込む看護師は多い。そんな時も院内ポリスの「れっきとした犯罪行為ですよ」のひと言で、痴漢は止むという。

※週刊ポスト2018年8月10日号

関連記事

トピックス