• TOP
  • 国内
  • バスケ日本代表の不祥事に大人の男はどう反応すべきなのか

国内

2018.08.25 07:00  NEWSポストセブン

バスケ日本代表の不祥事に大人の男はどう反応すべきなのか

 ただ、自分は賢そうに見せているつもりでも、周囲からはそう見えない「したり顔野郎」になりがちなのが残念なところ。目先の満足感を覚えるにはお手軽な方法なので、広く親しまれてはいますが、平気で繰り出せるおっさんにはならないようにしましょう。

 日本バスケットボール協会やスポーツ庁などの迅速な対応を評価するのは、もうちょっと気が利いているかも。ただ、どうしても「自分を棚に上げている感」はぬぐえず、自分で自分に「なに偉そうに言ってんだ」と突っ込みたくなりそうです。

 かといって「元気があっていいじゃないか」と彼らを擁護するのは、それはそれで大胆すぎるし、思慮が足りない人と思われかねません。売買春に対しては、人生のほかのいろんなことと同様、あくまで後ろめたさを覚えながら複雑な思いで捕えているのに、積極的に肯定しているという誤解も招きそうです。

 となると、おっさんとしてもっとも気が利いていそうなのは「あー、まあ、あれもねー」と言葉を濁す反応。「ほかの選手がかわいそうだね。少ない人数で戦わなきゃいけなくて」と微妙に方向をずらしながら、肝心なことについては何も言わないという手もアリです。いずれの反応にせよ、少なくとも天に恥じる必要はありません。

 哲学者のヴィトゲンシュタインは「語りえぬものについては沈黙しなければならない」と言いました。実質的な沈黙は金。石を投げて溜飲を下げたいとか、もっともらしいことを言って感心されたいといった誘惑を振り切り、あえてたいしたことは言わないのがおっさんの美学であり矜持です。

 あるいは「ヴィトゲンシュタインも言っているけど」と前置きして、「語りえぬものについては~」と言えば、深い考えと教養に満ちたおっさんと思われるかも。ただし「ヴィトゲンシュタインって誰?」って聞かれたら万事休すなので、あらかじめ調べておきましょう。あ、でも、また同じセリフを繰り返して言えば大丈夫ですね。知らんけど。

関連記事

トピックス