デヴィ夫人一覧

【デヴィ夫人】に関するニュースを集めたページです。

【動画】デヴィ夫人「堕胎失言」でも今後もテレビで使われる…
【動画】デヴィ夫人「堕胎失言」でも今後もテレビで使われる…
「(女性が)不妊になるのは堕胎が原因」という事実無根の発言が問題となり、ブログで謝罪したデヴィ夫人。これまでもたびたび失言が話題になってきました。 テレビ局関係者は「今回の事態を受け、局内には“デヴィ夫人をキャスティングしたい場合は上長に確認すること”という通達が回りました。しかし、NGというわけでもないとも併記されていました」と証言。今後もキャスティングは続くようです。 それについて別の関係者は、「デヴィ夫人はとにかくテレビ的な人。サービス精神も旺盛で、普通ならNGな企画もOKしてくれる」と背景を語っています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2020.11.10 07:00
NEWSポストセブン
デヴィ夫人 度重なる失言騒動でもテレビに出演し続ける理由
デヴィ夫人 度重なる失言騒動でもテレビに出演し続ける理由
 デヴィ夫人の言葉には力があるということなのだろう。自らの恋愛観を語った著書『選ばれる女におなりなさい』(講談社)は15万部を超える大ヒット。一方、人を斬る力も強く、数多くの舌禍事件を起こしてきた。テレビに好かれる“諸刃の舌”の生き残り方とは。 歯に衣着せぬ発言は、デヴィ夫人(80才)の代名詞。テレビでもブログでも、その舌鋒の鋭さは衰えをしらない。が、時には、それが行きすぎることも。「(女性が)不妊になるのは堕胎が原因です」「9割9分は堕胎です」 そんな発言が飛び出したのは10月24日放送の『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)でのこと。生放送中の出来事で、共演者が取りなそうとしても、デヴィ夫人は発言を撤回しようとはしなかった。「“数字に誤りがあったようなので謝らせていただきます”とは言ったものの、実際には局アナがお詫びをして尻ぬぐいをしていました」(テレビ局関係者) デヴィ夫人の説は当然、事実無根なのだが、SNSでも引き続き持論を展開したため、瞬く間に炎上。デヴィ夫人が《中絶せざるをえなかった方々等を心ならずも傷つけてしまったり、不快な思いをさせてしまったことは残念であり大変申し訳なく思っております》と謝意を表明したのは放送から4日経った28日のことだった。鎮火が遅きに失したことで、出演予定だった茨城県でのPRイベントは、ひっそりと中止に追い込まれていた。「デヴィ夫人以外にも多くの芸能人が出演することになっていたから関係者にも影響が出てしまっています。イベント当日の中止決定となり、大打撃ですよ。ご本人もルーツが茨城県にあるため、ショックを受けていたようですが、身から出たさびです」(イベント関係者) 周りを巻き込む大事になってしまったが、デヴィ夫人の“舌禍事件”はいまに始まったことではない。「ちょっと思い出すだけでも、マリアンさんや、川崎麻世さんと結婚していた頃のカイヤさんとやりあっていましたよね」(芸能関係者) 別の芸能関係者は、そのほかのトラブルもよく記憶している。「古くは40年近く前、パリの高級ナイトクラブで男性に声をかけ、その連れの女性にたしなめられて平手打ちをして出入禁止に。故・野村沙知代さんを『毒婦以下』と罵って訴えられたかと思えば、比較的最近では、ある番組で内村光良さんに“あなた、略奪婚なんでしょ?”と言って周囲を凍りつかせたこともありました。もっともこの番組は収録だったため、この発言はカットされましたがね……」 デヴィ夫人の矛先は、一般人に向くことも多かった。「番組収録中に、共演した一般女性をやはり平手打ちにしたこともありました。ブログでは、いじめを苦にしての自殺事件に触れて、その加害者側の母親として別人の写真を誤って掲載したこともあります」(前出・芸能関係者) 広告代理店関係者も、奔放なデヴィ夫人に手を焼いた過去があるという。「コンビニの新商品発表会でそのコンビニに“行ったこともないし、聞いたこともなかった”と言い放ったのです。たとえ本当のことだとしても、クライアントの前では絶対に言ってはならない、失言中の大失言です。メディア関係者は爆笑していましたが、冷や汗が止まりませんでした」デヴィ夫人はテレビ的な人 しかし、今回の「堕胎失言」騒動。センシティブな話題だけに多くの人を傷つけたから笑いごとでは済まされない。テレビ局側も自衛策を打ち出しているようだ。「今回の事態を受け、局内には“デヴィ夫人をキャスティングしたい場合は上長に確認をすること”という通達が回りました。しかし、“決してキャスティングがNGというわけではない”とも併記してありました。つまり、あくまでも注意喚起なんです。これからもデヴィ夫人はキャスティングされ続けると思いますよ」(前出・テレビ局関係者) なぜなのか。その理由を別のテレビ局関係者がこう解き明かす。「デヴィ夫人はとにかくテレビ的な人なんです。歯に衣着せぬ発言がウケることもよくわかっている。サービス精神が旺盛で、マスコミ対応も悪くないし、普通ならNGと言われそうな企画も、OKしてくれる。それでいて、やはり“元大統領夫人”という圧倒的な肩書はあらがえない魅力です。 その肩書が、丁寧な口調と相まって発言に重みを与えているのです。だからこそ、言説が過激でもそれが大きな批判には発展しづらい。こうした特性を持つ人はごく限られており、女性ではデヴィ夫人、男性では橋下徹元大阪市長といったところです」 トラブルメーカーだとしても、使いやすいからオファーが途切れない。テレビマンの倫理観が問われかねないが、そもそもなぜ、一国の大統領に嫁ぎ、海外の社交界で生きた女性が長い間、日本のテレビにひっぱりだこなのか。「実は、私がバラエティーの世界に誘ったのよ」 そう言って笑みを浮かべるのは美川憲一(74才)だ。「1990年代の後半のことね。芸能人が一般人の人生相談をする番組の人気が出始めたときで、“デヴィ夫人が適任よ!”って思ったの。それでニューヨークにいる夫人に電話してお誘いしたのよ。最初は躊躇していたけど、“あなたならどこに入っても負けないわよ!”って私が言ってね。当初はギャラ交渉もプロデューサーへの挨拶も私が段取りしたの」 美川のその予感は見事に的中。デヴィ夫人の刃物のような言説に、視聴者は釘付けになり、あれよあれよという間に、ワイドショーやバラエティー番組の常連となり、CMにも登用されるようになった。デヴィ夫人にとって美川は〝恩人〟といえるかもしれない。「夫人はちゃんと自分のカラーがわかっていて“何か話さないといけない”というリップサービスもできる人。でも、怒りの感情とかは全部リアルね。収録で“うるさい、ババア!”って言われて、返す刀で本気でキレている夫人をよく目の当たりにしていましたもの」(美川) そんなデヴィ夫人を今後も起用し続けるというテレビ局関係者も、デヴィ夫人の感情面には手を焼いているようだ。「彼女に問題があるとしたら、感情の起伏がかなり激しいこと。普段は関係者への対応も丁寧なんですが、少しでもプライドを傷つけられるようなことを言われると、カッとなって手が出たり、しまいには訴訟を起こすと言ってきかなくなる。まるで、人が変わったかのようなんです。今回の失言も生放送でしたが、私も、生放送で起用するのはちょっと怖いですね(笑い)」 時に奔放に、時に周囲の求めているキャラクターを演じながら芸能界に長く残り続けるデヴィ夫人。彼女が画面から消えることはない、と断言するのは、この世界にデヴィ夫人を招き入れた美川だ。「これからも夫人はしぶとく生きるわよー。テレビから消えるなんてないわよ。いまの時代に、あのしぶとさは大事なの。夫人の代わりなんてほかに誰もいないわ」 今回の失言騒動で反省しすぎたデヴィ夫人になると、テレビでの需要が……というのは杞憂のようである。※女性セブン2020年11月19日号
2020.11.09 07:00
女性セブン
明石家さんまと共演拒否の有名司会者とは? 理由は「嫉妬」
明石家さんまと共演拒否の有名司会者とは? 理由は「嫉妬」
“共演NG”だったはずの2人の大物俳優が、まさかの共演を果たしてしまう──テレビ東京系で放送されている『共演NG』では、中井貴一(59才)と鈴木京香(52才)が、過去に恋愛トラブルを起こした2人の大物俳優を演じている。 現実の芸能界にも様々な形の“共演NG”が存在している。なかには、“雪解け”を迎えたケースもあるのだ。 今年6月、デヴィ夫人(80才)と小島瑠璃子(26才)が『クイズ!THE違和感』(TBS系)で共演して関係者を驚かせた。「2013年に芸能人が特技を競う番組でデヴィ夫人が見事なポールダンスを披露したのに、審査委員長のこじるりがグランプリに選ばなかった。放送後に夫人は“番組を台無しにした整形疑惑のKYタレントK・R”とブログで怒りをあらわにして、共演NGとなりました。でも7年経った今年、夫人は、“ずっと昔のことですから忘れました”とこじるりとの共演を“解禁”したんです」(テレビ局関係者) 2017年に放送された倉本聰脚本のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)では、浅丘ルリ子(80才)と石坂浩二(79才)の元夫婦が離婚後初めて共演した。「実に31年ぶりとなる共演でした。ドラマには石坂さんの元恋人で浅丘さんを石坂さんに紹介した加賀まり子さん(76才)も出演し、元三角関係の再共演も実現しました。 また伝説のバイクチーム『クールス』のメンバーだった舘ひろしさん(70才)と岩城滉一さん(69才)は映画デビューに対する考えの相違で、長年対立していましたが、2018年に仲間が急逝したことを機に通夜の場で42年ぶりに和解。ともに男泣きに暮れました。今後は待望の共演が期待されます」(別のテレビ局関係者) そして、制作サイドにとって厄介なのが、人気司会者の共演NGだ。「マツコ・デラックスさん(47才)は田中みな実さん(33才)との共演NGを公言しています。田中さんをいじると泣き出して、自分がいじめているように見えるのが嫌とのことです」(前出・テレビ局関係者) 意外な組み合わせは、明石家さんま(65才)と徳光和夫(79才)だ。「さんまさんが長嶋茂雄さんとプライベートでも仲がいいことに徳光さんがショックを受け、やんわりと共演を断っているようです。徳光さんは大のミスター・マニアなので、かなり本気で妬んでいるのでしょう(苦笑)」(前出・テレビ局関係者) 華やかな芸能人も、やっぱり生身の人間なのである。※女性セブン2020年11月5・12日号
2020.11.03 07:00
女性セブン
デヴィ夫人に“最後の恋人”?
デヴィ夫人、舞台共演歌手と熱愛か? 本人は「ウフフフフ」
 品のよい紳士がデヴィ夫人(80才)の腰に手を回すと、2人は息の合った華麗なワルツを披露する。夫人の頬は、心なしか赤く染まって──。 これは7月末に開催された舞台、『僕のモーツァルト』でのひとコマ。モーツァルトの人生を名曲とともに演じる音楽劇で、紳士はモーツァルトの支援者である大公役を、夫人はその妃殿下を演じた。 夫人は初舞台にもかかわらず、堂々と優雅なステップを見せる。それは、“夫”のリードのおかげだろうか。 夫人は22才でインドネシア大統領のスカルノ氏と結婚。日本人でただ1人、海外国家主席の妻になった。現在はバラエティー番組などでも活躍し、多くの人に受け入れられている一方で、恋多き女性としても同性からの支持も集めている。「フランスの二枚目俳優のアラン・ドロンさん(84才)や、津川雅彦さん(享年78)とも交際していたと、自ら明かしています。夫人はいつまでたっても美貌が衰えないし、語学も堪能で話題も豊富。だから、男性の方から寄ってくるんですよ。長い海外生活も影響しているのか、夫人は独自の恋愛観を持っていて、恋に悩む女性に『彼氏は20人いてもいい』とアドバイスを送ることもあるんです」(芸能関係者) そんな夫人に、ある変化が訪れていた。「最近、“最後の恋人”を選んだという噂があるんです。お相手は(冒頭の)舞台で大公役を演じた、歌手のジョニー徳田さん。徳田さんは現在70才ぐらいで、夫人とは古くからの友人だったのですが、ここ1年で急接近したみたいなんです。舞台の後に打ち上げがあったのですが、夫人の運転手が徳田さんを公演会場から打ち上げの場所まで送っていたんです。その車は夫人が認めた人しか乗れないともいわれている専用車。やっぱり夫人にとって、徳田さんは特別な存在なんだなと思いました」(舞台関係者) 恋の行方を本人に聞くと、こんな夫人節が返ってきた。「私には10代から80代まで、それぞれの年代に“ボーイフレンド”がいるわ。40代がいちばん多くて、全員で15人くらいいるかしら。みーんなお金持ちよ。オホホホホ。徳田さんは70代のボーイフレンドの1人ね。ウフフフフ」 自身の著書『選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論』(講談社)で、恋をする理由について《恋は生きている一番の証》と綴っているデヴィ夫人。いつまでもお若い理由がわかりました!※女性セブン2020年8月20・27日号
2020.08.06 07:00
女性セブン
【動画】デヴィ夫人「小島瑠璃子さんは許しました」と語ったワケ
【動画】デヴィ夫人「小島瑠璃子さんは許しました」と語ったワケ
 過去のテレビ出演でのトラブルがきっかけで共演NGと言われていたデヴィ夫人と小島瑠璃子さん。『クイズ!THE違和感』にて7年ぶりに2人が共演を果たしました。 デヴィ夫人を直撃すると「ずっと昔のことですから忘れましたよ。今回は、プロデューサーの方が“小島瑠璃子さんが出ますよ、大丈夫ですか?”とおっしゃるので“ どうぞ、どうぞ。大丈夫ですよ”とお答えしたんです。小島瑠璃子さんのことはもう許しました」とコメントしています。
2020.06.22 16:00
NEWSポストセブン
二人の確執は解消された
デヴィ夫人「小島瑠璃子さんは許しました」で共演NGを解禁
 デヴィ夫人(80才)と小島瑠璃子(26才)の共演に、テレビ業界がザワついている。6月8日、『クイズ!THE違和感』(TBS系)で2人はともにひな壇に座っていたのだが、これは実に7年ぶりの共演だったのだ。「2人はお笑い芸人の千鳥・大悟さんや霜降り明星の粗品さん、せいやさんらと一緒に、クイズの回答者として座っていました。過去にデヴィ夫人がブログで小島さんを痛烈に批判した一件が頭にあったので、ドキドキしながら見ていました」(キー局ディレクター) 2人の間に確執が生じたきっかけは、2013年11月放送の『さんま・くりぃむの芸能界個人情報グランプリ』(フジテレビ系)だった。番組は30人以上のタレントや俳優が出演。デビュー当時の映像を振り返る「デビュー当時が初々しかった部門」や、卒業アルバムの写真を公開する「花開いてよかった卒業アルバム部門」など、芸能人が個人情報を公開し、そのグランプリを司会の明石家さんまが決めるというもの。さんまの巧みな話術もあり、番組は爆笑のなか進んでいく。問題が起きたのは、出演者が特技を披露する「ちょっと意外な特技部門」だった。 五月みどりや蛭子能収、アニマル浜口らに続き大トリで登場したのがデヴィ夫人だった。当時73才にして見事なポールダンスを披露し、会場は万雷の拍手。夫人は過去にもこの番組に出演しており、同部門で2連覇を達成していた。3連覇は確実かと思われたが、それを“阻止”したのが小島だった。前出のディレクターが語る。「『卒業アルバム部門』で出場し、ひな壇に座っていた小島さんが、出場者に対して何かと意見を言うので、さんまさんが“お前は審査委員長みたいやな”とツッコミを入れていたんです。それが伏線となって、この『特技部門』のグランプリを決める際に、さんまさんが、“優勝者は審査委員長に決めてもらおう”と言い、小島さんを指名したんです。 バラエティの空気を察した小島さんは、デヴィ夫人ではなくアニマルさんの“腹踊り芸”をグランプリにしました。スタジオは大ウケだったのですが、デヴィ夫人はカンカン。ポールダンスを猛特訓した夫人を差し置き、グランプリを“もらってしまった”浜口さんは、フロアに手をつき土下座して謝っていましたし、スタッフも大慌てでした」 納得のいかないデヴィ夫人は、オンエア2日後に〈番組を台無しにした整形疑惑のKYタレントK.R〉というタイトルでブログを更新。〈K.Rの思慮の無さのために 全て台無しとなりました〉〈私達の10か月の努力は水の泡と消えました〉と、グランプリに選ばれなかったことに対して怒りをあらわに。小島は別のテレビ番組でも「いろいろ本当にすみませんでした」と謝罪したが、テレビ業界では2人は共演NGとなっていたという。 あれから7年。今回の共演についてデヴィ夫人を直撃した。「もうね、ずっと昔のことですから、忘れましたよ。(共演NGなんて)そんな面倒なこと言いません。今回は、プロデューサーの方が“小島瑠璃子さんが出ますよ、大丈夫ですか?”とおっしゃるので、“どうぞ、どうぞ。大丈夫ですよ”とお答えしたんです。それに、彼女も何度も謝ってくださったでしょ?(今回の撮影前には)楽屋にも挨拶に見えて。小島瑠璃子さんのことはもう許しました」 ともにバラエティ番組で活躍するデヴィ夫人と小島。これをきっかけに共演が増えるか。
2020.06.17 16:00
NEWSポストセブン
デヴィ夫人がコロナについて「政府を責めることは簡単」
デヴィ夫人がコロナについて「政府を責めることは簡単」
 デヴィ夫人が、80才となったことを記念する展覧会「デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年」(松屋銀座)の取材会に、ゲストの神田うのと共に登場した。 同展では、デヴィ夫人が自宅に保有する数多くのオブジェや絵画(デヴィ・コレクション)、ドレスや宝石、さらには自身が描いた絵画約20点など、総数200点以上を展示する。 デヴィ夫人は新型コロナウイルスの影響でイベントが次々と中止されていることについても言及。「政府を責めることは簡単ですが、個人が気をつけるべきかと」と、語っていた。 神田は118カラットのエメラルドなどに「すごいです!」と仰天していた。撮影/矢口和也
2020.03.13 16:00
NEWSポストセブン
実名で「拡散希望」したらデマだった… 余計な義憤を抱く愚
実名で「拡散希望」したらデマだった… 余計な義憤を抱く愚
 何か事件が起きると、それに関連した真実なのかどうかよく分からない情報がSNSをかけめぐる。デマであることも多いが、情報を拡散する人たちは、実はいろいろとピントがずれている。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、余計な義憤を持ってしまう実名のSNSユーザーの行為がいかにバカバカしいかについて考えた。 * * * 8月に茨城県の常磐自動車道で発生した「あおり運転殴打事件」に関連し、無関係な女性のことを宮崎文夫容疑者と一緒にいた「ガラケー女」だというデマを拡散した愛知県豊田市の市議・原田隆司氏が辞職した。原田氏は心からの謝罪を述べているが、実に迂闊なお人だ。 今回女性がガラケー女とされた理由は、宮崎容疑者が彼女のインスタグラムをフォローしていたことと、「ガラケー女」同様帽子とサングラス姿の写真を投稿していたことだけである。「だけ」なのだ。これだけで多くの人が「こいつがガラケー女だ! けしからん!」とばかりに拡散。原田氏も「早く逮捕されるよう拡散お願いします」とまで書いた。 女性は原田氏に100万円の損害賠償を求める通知書を送ったが、その後同氏から届いた手紙には謝罪はあったものの、賠償金への言及はなかった。督促にも応じず、原田氏が「なんで自分だけ」と話しているのを知り、提訴に至ったという。 この「なんで自分だけ」という発言だが、「そりゃそうだろうよ」というのが率直な感想だ。だってあなた身元が割れていて、しかもしっかりとした立場の方でしょ? ネットの誹謗中傷やデマ拡散が厄介なのは、書き込み者の特定がしづらい点にある。以前、横浜DeNAの井納翔一投手が「嫁がブス」と匿名掲示板に書かれ、書き込んだ女性を特定し、約200万円の慰謝料と訴訟費用の負担を求めた。この時の訴訟費用は77万円だったが、これには弁護士による掲示板運営者への開示請求等の費用も含まれている。 ツイッターや5ちゃんねる(かつての2ちゃんねる)などの運営が開示請求に応じるまでには手間も時間もかかるもの。だったら原田氏のように、住所特定が容易なデマ拡散者から賠償請求や訴状の送付をするのは至極普通の判断である。 2011年の滋賀県大津市のいじめ自殺事件で、無関係の女性を加害生徒の母親とブログに書き、写真まで掲載したデヴィ夫人は女性から訴えられ、165万円の支払いを命じられた。この時も、「ネット探偵」が加害生徒の父親とされる男性とたまたま一緒に撮影された写真を基にこの女性を「母親」と断定。これにデヴィ夫人が釣られる形となった。 今回のデマに巻き込まれた女性の弁護士は、今後特定できた人間に順次責任を追及していく構えのようだが、実名の書き込み者は証拠を取られていることだろう。ビクビクしながら待つしかない。 今回原田氏は、余計な義憤など持たなければ良かったのである。ネット上の「犯人特定」ほどあやふやなものはない。根拠薄弱ながら勝手に断定した匿名の人間が垂らした壮大な釣り針にひっかかり賠償金を要求されたうえに職を失うなんてバカそのもの。あおり運転を撲滅したい気持ちは分かるが、「ガラケー女」は別にあおり運転をしていないという点でもピントがズレているのである。●なかがわ・じゅんいちろう/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』など※週刊ポスト2019年11月29日号
2019.11.18 16:00
週刊ポスト
岡田准一&宮崎あおい 子連れで金運アップ神社を参拝
岡田准一&宮崎あおい 子連れで金運アップ神社を参拝
 京都・二条城にほど近い閑静な路地を入ると、黄金の鳥居がそびえ立つ。金運アップのパワースポットとして知られ、平日でも行列ができるほどの“隠れた名所”、御金(みかね)神社だ。 9月下旬、御利益を求める人たちで賑わう狭い境内に、岡田准一(38才)・宮崎あおい(33才)夫妻の姿があった。「ふたりとも顔を隠す様子もなく、堂々と参拝されていました。宮崎さんは抱っこひもで息子さんを抱っこし、岡田さんは荷物係なのか大きなリュックとキャリーバッグを持っていました。ふたりとも上は白、下は黒のパンツというお揃いのコーディネートで、とても仲睦まじい様子でしたよ」(居合わせた参拝客) 今年は映画『ザ・ファブル』で主演し、来年公開の『燃えよ剣』でも主役の土方歳三を演じるなど大忙しの岡田。一方の宮崎もCM出演を続けており、「金運」にはもう充分恵まれていると思うのだが…。 金運の御利益のある神社に足しげく通う著名人は少なくない。小泉進次郎環境相(38才)は地元・神奈川県横須賀市の安浦神社、上沼恵美子(64才)とデヴィ夫人(79才)は山口県にある岩國白蛇神社。楽天の三木谷浩史社長(54才)も、出世勝運や商売繁盛のパワースポットとして有名な東京・愛宕神社を“マイ神社”にしているという。「成功者になれる人は運が強い人だと昔からいわれています。企業の社長や多くの富を得ているほど神社に通っているのはそのため。なかでも人気があるのが金運神社ですが、“お金のためだけ”というわけではありません。金運アップには、人生全般の運気、仕事運や健康運、生命力を上げる効果もあるといわれています。つまりお金を稼げるというのは、さまざまな運気が上がるのと同義なのです」(スピリチュアル関係者) 岡田と宮崎は、入籍する1年前の2016年12月にも、揃って伊勢神宮を参拝する姿を目撃されていた。「その時はすでに同棲生活を始めていたので、無事に結婚できることを神様に願ったのかもしれません。今回は息子さんがもうすぐ満1才になることもあり、子供の成長や家内安全を祈願したのかもしれませんね」(芸能関係者) ふたり仲よく参拝していれば、自然と夫婦円満の御利益にも恵まれそうだ。※女性セブン2019年10月24日号
2019.10.12 16:00
女性セブン
家族とお出かけする西島秀俊
妻に求める要求高い西島秀俊、妻を「デヴィ夫人」と呼んだ
 花冷えとなった3月末の夕方、都内の公園を目指して歩く親子連れの姿があった。少し困った表情で、「早く行こう」と息子をせかすマスク姿の長身男性は、西島秀俊(48才)だ。もうすぐ3才になる長男は歩道でしゃがみこみ、道路脇の植栽を覗きこみ…と真っ直ぐ歩いてくれない。その先を行く女性は16才年下の妻・A子さん。彼女もマスク姿だが、キリッとした目元が印象的だ。昨年10月に生まれたばかりの次男をベビーカーに乗せ、颯爽と歩いて行く。 西島は長男と手をつなぎ、もう片方の手には子供向けペダルなし二輪車「ストライダー」を持ち、小走りで妻を追いかける。普段テレビで見る落ち着いたイケメン姿とは違う、新米イクメンぶりを見せていた。 そんな西島は近頃、多忙を極めている。3月30・31日放送のスペシャルドラマ『名探偵・明智小五郎』(テレビ朝日系)で主役を務め、4月5日スタートの『きのう何食べた?』(テレビ東京系)では内野聖陽(50才)と2LDKに男性2人で暮らす“恋人同士”の役でW主演。5月には映画『空母いぶき』でも主演を務める。「仕事最優先」という西島は妻に求めるハードルが高く、結婚時に相手に求めたといわれる“7つのルール”は女性誌で特集されたこともある。「映画は1人で見に行く、メールの返信がなくても文句は言わない、会話がなくても愚痴らない、女心を理解してなどとは言わないなど、かなり厳しい内容でした。それでもA子さんはしっかり“ルール”を守ってきたそうです」(芸能関係者)◆冗談交じりに「デヴィ夫人」 譲らない夫と“三歩下がった”妻という西島夫妻だったが、この日、本誌が目撃した姿はどうやら様子が違う。結婚から4年と3か月。ふたりの間に何があったのか。「A子さんは2016年4月に長男を、昨年10月に次男を出産してからも、超多忙で家を空けることが多い西島さんに文句も言わず、『ワンオペ育児』をこなしていました。厳しいルールに加えて、2人のわんぱくな幼い男の子を抱えて、朝から晩までひとりきり。さすがのA子さんも爆発寸前の日もあったようです」(西島の知人) そんな妻の姿を見て、西島はある行動に出たという。「西島さんは、要求は厳しいところはありますが、基本的には穏やかで妻思い。財布も妻にすべて預けているんです。ストレスがたまっているだろう妻に、買い物やエステなど好きにしていいよ、リフレッシュしておいで、と伝えたようですね。それからなのか、A子さんも時折息抜きができるようになったようです」(前出・西島の知人) しかし、事態は微妙に…。「最近、西島さんがA子さんのことを冗談交じりに“デヴィ夫人”と呼んでいたことがあったんです。なんでも、A子さんが全身一流ブランドでファッション誌から抜け出してきたセレブ妻のようだったとか。もともときれいでおしゃれな人ですから、久しぶりの買い物に火がついてしまったらしくて。西島さんとしては“ちょっと派手すぎでは…”と思ったようですが、育児や家事を一手に引き受ける妻への感謝もあり、何も言えなかったとか(笑い)」(前出・西島の知人) 公園に着いた西島は、長男とストライダーに乗る練習に没頭。すっかり日が傾いた午後6時頃、長男を真ん中にして妻と3人仲よく手をつなぎながら帰路についた。 実はその日は、西島の誕生日の翌日だった。「誕生日当日は仕事だったようで、翌日に家族水入らずで過ごしたようです。特別なことをするのではなく公園に行って、家でゆっくり過ごす“庶民的”な誕生日を過ごしたようですよ」(前出・西島の知人) 妻がきれいでいられるのも、夫の実力のうちです。※女性セブン2019年4月18日号
2019.04.05 07:00
女性セブン
貴乃花、安藤サクラ、水谷千重子 人気者たちの豆まき姿
貴乃花、安藤サクラ、水谷千重子 人気者たちの豆まき姿
 2月3日は節分。今年も日本全国で、有名人たちが豆まきを行った。そこで、人気者たちの“豆まきショット”を紹介しよう。“話題の人”が登壇したのは京都・龍神総宮社。昨年10月に日本相撲協会を退職した元貴乃花親方の花田光司さん(46才)が、騒動などなかったかのような笑顔を見せ、豪快に豆まき。一部で報道されている夏の参議院議員選挙への出馬の可能性については「100%ありません」と断言した。 満面の笑みで会場を明るく沸かせたのは、安藤サクラ(32才)と松坂慶子(66才)。NHK連続テレビ小説『まんぷく』で母娘を演じる2人には、会場から「福ちゃん!」「鈴さん!」と役名での応援コールも飛び交っていた。(大阪・成田山大阪別院明王院) 東京・水天宮では演歌歌手の水谷千重子こと友近(45才)が初の明治座・座長公演となる「水谷千重子50周年記念公演」(2月22日から)の成功を祈念。「夢のようなお話」と語った。 神奈川・川崎大師ではデヴィ夫人(79才)と神田うの(43才)が、約200人の年男・年女と約1トンの豆を投げた。※女性セブン2019年2月21日号
2019.02.08 16:00
女性セブン
名付けの参考にしよう!芸能人の子どもの名前40選
名付けの参考にしよう!芸能人の子どもの名前40選
子どもの名付けは、親にとっての一大行事。一生使うこととなる名前だからこそ、すてきなプレゼントとしてこだわりの名前を贈りたいですよね。世の中に無数にある名前の中からどんな名前を選んだらいいのかわからないという人は、芸能人や有名人の名前をヒントにするというのもいいかもしれません。最近話題の芸能人や有名人が実際に子どもに付けた名前をピックアップして、たっぷりとご紹介していきましょう。芸能人や有名人の子どもの名前40選!芸能人や有名人は、自分の子どもにどのような名前を付けているのでしょうか。願いを込めて付けられた子どもの名前は、古風な響きのものから、現代らしい個性的なもの、芸能人ならではのオリジナリティーあふれる名前までさまざま。早速実際に見ていきましょう。 モデル、タレント編芸能人子どもの名前土屋アンナさん澄海(すかい)くん心羽(しんば)くん星波(せいな)ちゃんりゅうちぇるさんぺこさん 夫妻リンクくんデヴィ夫人カリナちゃん杉浦太陽さん辻希美さん 夫妻希空(のあ)ちゃん青空(せいあ)くん昊空(そら)くんアレクサンダーさん川崎希さん 夫妻景寅(かげとら)くん鈴木紗理奈さん利音(りおと)くん土屋アンナさんの子どもたちの名前は、それぞれに「澄んだ心を持ってほしい」という意味のスカイと、スワヒリ語で強く優しいライオンを表すシンバ、流れ星のように美しく育ってほしいとの意味を込めたセイナなど、どれも親の思いが込められた名前。杉浦太陽さん、辻希美さん夫妻の子どもたちは、すべてに「空」という漢字が取り入れられ、家族としての一体感を抱くすてきな名前です。現在第4子妊娠中なので、今はきっと次の子どもの名付けを考えている最中かもしれませんね。芸人編芸能人子どもの名前浜田雅功さん(ダウンタウン)小川菜摘さん 夫妻郁未(いくみ)くん未乘(みのり)くん松本人志さん(ダウンタウン)てらちゃん大島美幸さん(森三中)笑福(えふ)くん田中直樹さん(ココリコ)心平(しんぺい)くん三村マサカズさん(さま~ず)衣音(いおん)ちゃん優羽(ゆうわ)くん設楽統(バナナマン)さん奈々葉(ななは)ちゃん松嶋尚美さん珠丸(じゅまる)くん空詩(らら)ちゃん藤本敏史さん(FUJIWARA)木下優樹菜さん 夫妻莉々菜(りりな)ちゃん茉叶菜(まかな)ちゃん山田花子さん悠斗(ゆうと)くん彩斗(あやと)くん加藤浩次さん小羽(こはね)ちゃん快晴(かいせい)くん清風(きよか)ちゃんゴリ(ガレッジセール)さん風馬(ふうま)くん湖々(ここ)ちゃん芸人さんは、子どもの名前を世間に公表している人が多く、たくさんの情報を得ることができました。中でも、松島尚美さんの子どもたちの珠丸(じゅまる)くんと空詩(らら)ちゃんという名前は、一時期キラキラネームとして話題になりましたね。クリエーティブな才能あふれる芸人さんだからこそ、子どもの名前にも個性的な名前が多いように見受けられます。俳優・アーティスト編芸能人子どもの名前木村拓哉さん工藤静香さん 夫妻心美(ここみ)ちゃん光希(みつき)ちゃん本木雅弘さん雅楽(うた)くん伽羅(きゃら)ちゃん玄兔(げんと)くん市川海老蔵さん小林麻央さん 夫婦麗禾(れいか)ちゃん勧玄(かんげん)くんUAさん虹郎(にじろう)くんAIさん平和(へいわ)ちゃん安室奈美恵さん温大(はると)くん布袋寅泰さん今井美樹さん 夫婦愛紗(あいしゃ)ちゃん木村拓也さんと工藤静香さんの次女である光希(みつき)さんは、「光希」をKoki(こうき)として芸能活動されています。虹郎さんは俳優としてもご活躍されていますが、芸名のようなすてきな名前ですね。AIさんの子どもの平和(へいわ)ちゃんは、ダイレクトに意味を感じさせられる名前が斬新でインパクトがあります。芸能人の子どもの名前を参考にする時のポイントとは芸能人の子どもたち名前は、個性が豊かで発想力・想像力がかきたてられるものが多いです。すてきな名前や響きの美しい名前など、今すぐ取り入れたいものばかりですが、一方で、多くの人に広く知られている、芸能人の子どもの名前だからこそ、わが子に付けるにはよく考えた方がいいケースもあります。芸能人の子どもの名前を参考にする時に注意したい点についてご紹介しましょう。込められた思いを知る芸能人が子どもの名前を公表している場合、それに込められた思いも一緒に表されていることがほとんどです。芸能人の子どもの名前と名付けの由来が世間に広く知られていると、自分が子どもに同じ名前を付けた時に違う思いを込めたとしても、芸能人が発表したイメージの方が強く思われがちです。子どもが大きくなって他人に自己紹介した時に勘違いされてしまうこともあるので、あまりに自分の思いとかけ離れているようであれば避けた方が無難です。リスクを考えておくこと芸能人の子どもの名前から名付けをすることは、リスクもあります。例えば将来、親である芸能人やその子どもが不祥事やトラブルを起こした場合、その名前がマスコミやネットで連呼されることとなり、いい気はしません。それどころか、話のネタにされたり、名前をいじられたりするなど不快な思いだってしかねないのです。もちろん、名付けもととなった芸能人の子どもが大出世して社会に大きく貢献するような活躍を見せたのなら、名前のイメージは良くなるので、良き方に転ぶか悪い方に転ぶかは名付けの時点では誰にもわかりません。ですから、単に響きや文字の見た目がかわいいからと短絡的に名前を選ぶのではなく、世間に公表されている有名な名前だからこそリスクがあるということを知り、よく考えてから名付けをするようにしましょう。おわりに芸能人の子どもの名前には、名付けランキングをにぎわせているようなポピュラーな名前よりも、個性的な響きや、親の思いが強く込められたこだわりの名前が多くありました。オリジナリティーあふれる名前の数々はどれも魅力的なものばかり。たくさんの名前を参考に、ぜひ名付けの参考にしてくださいね。※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。
2019.01.03 12:00
たまGoo!
ボクシング・山根明元会長「これからは芸能人として生きる」
ボクシング・山根明元会長「これからは芸能人として生きる」
 大阪府大阪市生野区にある今里新地に、日本ボクシング連盟の終身会長であった山根明氏の妻の経営するクラブはある。 自身のテリトリーというべき場所で、キープしていたボトルをちびちびと飲みながら、山根氏の弁舌は熱を帯びた。「この店は、働いている従業員のほとんどが日本人なんです。不法滞在しているような外国人がおらんのが良い。ここに来てくださっているお客さんや、街で出会った人に、写真をせがまれるし、『男の中の男です!』なんて励ましてくれる。そうした声に、どれだけ救われたかわかりません」「激動の1年」(本人談)の師走を、山根氏は忙しく飛び回っていた。疑惑に対する釈明の活動──ではなく、お笑い番組である『あらびき団』(TBS系)の特番への出演や、ドッキリ番組でデヴィ夫人らと共演する収録などため、東京と大阪を何往復もしていたのだ。「わしがテレビに出れば、不思議なほど視聴率が上がるみたいやね。デヴィ夫人は素敵な方で、写真をお願いしました。しかし、何が面白いのかわからん芸人が出てきて、わしが激怒した番組もあるんや。それをまた面白がられて……完全な騙し討ちやった。もう2度と、出ぇひんわ!」 口ではそう言っても、ビートたけしの番組に出演すれば初体験の年齢を告白し、バラエティ番組では50歳近く歳の離れた若手芸人にいじられ、10月に79歳になった山根氏はまんざらでもない様子である。 メディアもメディアで、数か月前にはあれほど疑惑を追及していたのに、今や強面ながらたどたどしい口調で怒鳴り散らす山根氏を“キワモノ”のように面白がって高視聴率を狙うのだから違和感は拭えない。 スポーツ界でスキャンダルが続出したことで、ひとつひとつの“消化”が極めて速くなっているのだろうか。 山根氏は1939年に大阪府堺市に生まれ、終戦後、5歳で母の母国である韓国に渡った。10歳で日本に密入国し、27歳まで国籍がなかったと振り返る。 若かりし日に国籍すらなかった人物が、どのような経緯で日本のアマチュアボクシングのトップにまで成り上がることができたのか興味は尽きないが、波瀾万丈の人生を送ってきたことだけは確かだろう(そのあたりの経緯は、来春に自伝を出版予定らしい)。 そんな山根氏の自宅のリビングには、2歳だった時の両親との記念写真を挟むように、会長時代に大会を視察に訪れた今上天皇をおもてなしする2枚の写真が飾られていた。「天皇陛下に、わざわざ声をかけていただいた。あれには感激してねえ。頭を下げたまま、『ハハーッ』って感じで、頭を上げられなかった。わしはね、母の国である韓国も、北朝鮮も、愛しています。だけど、日本国籍を取得した以上、日本人として生きています。日本人として、日の丸を愛し、法人の代表として、日本ボクシング連盟を代表する会長として、これまで全世界を飛び回って日本の素晴らしさを伝えてきたつもりです。私の経歴には、何一つ、隠し事はありません」 日本ボクシングを再興する会によって告発された12項目──判定への介入や過剰な接待要求などがなかったと主張するのであれば、解雇無効を求めて日本大学を提訴した内田正人・日大アメリカンフットボール部前監督や、虚偽の告発をされたとして、田南部力氏を名誉毀損で訴えたレスリングの栄和人・元至学館大学レスリング部監督のように、反撃の訴訟に出る考えはなかったのか。「弁護士に相談したら、支度金が200万円必要やという話やった。わし、貧乏やから、払えへん。今はねえ、こんな幸せな生活はない。連盟におる時は、下におる理事や選手との人間関係に悩み、2020年の東京オリンピックに向けて、重たいモノを背負っておった。それが全部なくなりましたから」 山根氏の新しい名刺には、肩書きとして「無冠の帝王」(英語表記はUncrowned King)とあった。「わしは終身・無冠の帝王や。これからは芸能人として生きていく。79歳になって、夢も目標もない。現在、仕事と言えば、テレビ出演ぐらい。山根明を冷静に評価していただいて、呼んでくださる番組にはどの番組にも出たい」 インタビューのあと、山根終身会長時代に使途不明の支出2400万円が見つかったことも、日本ボクシング連盟の現体制によって明らかになった。無冠の帝王は新たな疑惑にどんな釈明を用意しているのだろうか。◆取材・文/柳川悠二(ノンフィクションライター)
2018.12.31 16:00
NEWSポストセブン
デヴィ夫人と上沼恵美子が訪れる神社と永守重信氏が通う神社
デヴィ夫人と上沼恵美子が訪れる神社と永守重信氏が通う神社
 2018年も残すところ、あとわずか。お金に愛されているお金持ちたちが年末に必ず行うこと、それは一年の成功の御礼を神様に伝えにいくことだ。そんなお金持ちたちが通いつめる神社とは? 2019年の金運が先取りできちゃう“最強神社”をお教えします! 国の天然記念物「岩国のシロヘビ」は300年以上生息の歴史があり、福運・金運の神の使いとして伝えられる。岩國白蛇神社は、この白蛇の観覧施設がある神社だ。『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』(サンマーク出版)の著者・八木龍平さんはこう語る。「少しマイナーですが、金運アップの効果が絶大といわれている神社に、上沼恵美子さんとデヴィ夫人が通っています。少々行きづらい場所なのですが、芸能界では有名な場所」 続いて、京都府にある九頭竜大社は、1954年に九頭竜弁財天大神により神託を授けられた開祖により発祥。本殿を時計回りに9回まわる「お千度」という独特の参拝作法で知られる。 世界ナンバー1のモーターメーカー・日本電産の創業者で、雑誌フォーブス・ジャパンの『日本長者番付2018』で6位、資産額5760億円の永守重信会長が、50年以上にわたり毎月のように参拝している。【DATA】◆岩國白蛇神社山口県岩国市今津町6-4-2◆九頭竜大社京都市左京区八瀬近衛町681※女性セブン2018年11月29日・12月6日号
2018.11.25 16:00
女性セブン
尾木ママ 番組出演「オネェ枠→老人枠」の変化が許せないの!
尾木ママ 番組出演「オネェ枠→老人枠」の変化が許せないの!
 尾木ママこと教育評論家・尾木直樹氏(71)は、実際の年齢だけで機械的に役割を色分けする文化に異を唱える。「ボクはね、尾木ママのキャラでずっとやってきたでしょ。だからバラエティに出るときはいわゆるオネェ枠で出演を依頼されることが多かったんですよ」 ところが、70歳を超えた昨年から状況が変わってきたのだという。「明らかにオネェキャラでの出演依頼が減って、徳光(和夫)さんとか、デヴィ夫人とか、どちらかというとベテランタレントの枠で依頼されるようになって恐縮しているんです」 はっきりと告げられたわけではないが、明らかな違いを実感している。そこに戸惑いを覚えるのは、尾木ママが「体力もとくに低下したとは思わないし、化粧品にもこだわってお肌の手入れも万全」という状態だからだ。見た目の若さにはかなり気を使っているのだ。「ボクは今も変わらず尾木ママですから、これからもオネェ枠でいいのよ。出演依頼の変化には戸惑っています」 年齢の区切りに対する戸惑いは10年前にもあった。「ボクね、スキーが大好きなんですよ。毎シーズン必ず行っていました。60歳になった年もやっぱり行きました。それまで特別に年齢のことを気にしたことはなかったのですが、リフト券売り場で突然“60歳からはシニア券がご購入可能です”って勧められたの」 免許証などの身分証明書を確認する前に、顔を見ただけで躊躇なくそういわれたのだという。「正直“エッ?”ってショックを受けちゃいましたよ。売り場の人も、“この人もしかしたら60歳を超えているかもしれないなぁ”みたいに少しくらい逡巡するのが礼儀でしょって思いました」“乙女心”は複雑である。「結構ですって言っちゃおうかと思ったけど、3500円が1500円になるっていうでしょ……思わず、『はい60歳です』って素直に申告しちゃったわ(笑い)」※週刊ポスト2018年10月12・19日号
2018.10.04 16:00
週刊ポスト

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン