スポーツ

羽生結弦 カナダで受ける「異色のゴッドハンド」の施術

鍼灸院に入る羽生の顔はどことなく暗い

 カナダ・トロントにクリケットクラブで、ブライアン・オーサーコーチのもと練習に励んでいるフィギュアスケートの羽生結弦(23才)。9月20日からカナダで行われる「オータム・クラシック」を皮切りに、GPシリーズはフィンランド大会(11月2日~)とロシア大会(11月16日~)を転戦。GPファイナル(12月6日~)を経て、来年3月18日に始まる世界選手権に挑む予定だ。

 長いシーズンを乗りきるには、昨シーズン負った右足首のけがの完全回復がカギになるが、ここにきて気になる動きがあった。

 8月上旬のある日、羽生は練習後、母親と共に地元・トロントにある鍼灸治療院に向かった。

 羽生が幼い頃から東洋医学に慣れ親しんできたことは、つとに有名だ。出身地の宮城・仙台では、小学5年生の時から母親に連れられて自宅近くの接骨院に通った。

「院長はチャクラの光を見ることができるという、地元では“チャクラ仙人”と呼ばれている人物です。院長が独自に考案したという『経気四門療法』という手技は、体の一部を軽く押すだけで体の不調やバランスを整えることができるそう。院長は自らが修業の末に独自に開発した、パワーストーンにシールを貼った特別なペンダントを羽生くんに渡し、彼はリンクに上がる時に、そのペンダントを肌身離さずつけていました」(仙台市の地元住民)

 オーサーコーチの教えを受けるために17才でトロントに渡ってからは、トロントで指圧鍼灸クリニックを営む、マッサージセラピストの青嶋正さんの治療を受けるようになった。

「青嶋さんは日本フィギュアスケート界で有名なセラピストで、現役時代の小塚崇彦さんや織田信成さんもかかっていました。マッサージセラピーとは、施術を通じて心と体の両面から改善していく治療法。羽生は、当時はストレッチの重要性をあまり認識していなかったそうですが、彼の指導によって、普段から“体のケア”を心がけるようになった。満身創痍で迎えたソチ五輪、そして今年の平昌五輪でも、青嶋さんの施術を受けて試合に臨みました」(スケート連盟関係者)

 青嶋さんは羽生の“五輪連覇”の立役者として、メディアに登場したこともある。だが、今回、羽生が入っていったのは、別の治療院だった。

◆痛みが引くのが遅くなってきた

 羽生が訪れたのは練習場から車で10分、自宅から5分ほどの高級住宅街の一角にある一戸建て風の治療院。「ASTR(Active Soft Tissue Release)=アスター」と呼ばれる治療法を掲げ、40代日本人で童顔の“ゴッドハンド”が院長を務める地元でも知る人ぞ知る治療院だという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン