スポーツ

高校球児を狙う「プロ彼女」 エリートもかくして翻弄される

甲子園での人気者はSNS使用にも細心の注意が必要

 容姿端麗で性格も良く非の打ち所がない、有名人の交際相手や妻に対して使われていた「プロ彼女」という呼び方。その言葉が乱発されるに従って、いまでは芸能人や有名スポーツ選手の“彼女になるプロ”という意味で使われることが多くなった。その広義での「プロ彼女」のターゲットには、甲子園球場で活躍する爽やかな高校球児も入っているという。プロ彼女対策に奮闘する高校野球関係者の苦労について、ライターの森鷹久氏がレポートする。

 * * *
 今年も大いに盛り上がった夏の甲子園大会。惜しくも準優勝だったが、秋田県勢としては実に103年ぶりに決勝に進出した県立金足農業高校の活躍が話題を呼び、同校の不動のエース・吉田輝星投手(三年)の人気もうなぎのぼりだ。大会終了後、ネット上で話題となったのが、この吉田投手が「ツイッター」にアカウントを開設した、ということだ。スポーツ紙記者が振り返る。

「学校によっては球児に“SNS禁止令”を出しているところもありますが、やはり若者。SNSで独自に心情を吐露している子もいて、記者は逐一チェックしています。吉田投手がツイッターを開始したとなれば大ニュース。最初は“成りすましか”とも言われていましたが、どうやら本当だったようです」(スポーツ紙記者)

 開設後数時間で、数万のフォロワーがついた吉田投手のツイッターアカウントだったが、その日のうちに投稿はすべて削除され、「やめます」という宣言のみ残された。金足農業の他の選手によるツイッターアカウントも存在していたが、すべて同日に投稿が削除されている。

 アカウントを開設してすぐに削除といった慌ただしい動きの裏には、どういった事情があったのか? 吉田投手が個人的に「世間にお礼を言いたかった」ため、との見方もあるが、さる高校野球関係者は、そこに高校球児を狙った「プロ彼女」ともいうべき人々の存在が関係しているのではないかと指摘する。

「高校球児はとにかくモテます。甲子園期間中、選手の宿舎の周りにはたくさんのおっかけ女性ファンが待っていて、選手の出入り時にプレゼントを渡したり手紙を渡したりする。最近ではSNSで懇意の選手を見つけ、メッセージを送ったりする女性もいるほど。マスコミの取材や慣れない声援を受けて選手が舞い上がらないよう気を付けている教員側からするといい迷惑なんですが……」(高校野球関係者)

 高校野球関係者から見た「プロ彼女」とは、たいてい選手たちより少し年上の女性たちだ。何年も続けて高校球児たちを追いかけているので、高校生男子の好奇心につけこんで選手と直接、コンタクトをとり、関係をもつほど親密になる術をよく心得ている。同世代の中では大人っぽくみえる甲子園球児だが、経験を積んだ彼女たちの手にかかれば、たいていは思い通りに操られてしまう。人生を左右するかもしれない大切な決断をくだす時期に、誰かに簡単にコントロールされる状況におかれるのは、望ましいことではない。だから、彼女たちが接触しづらいように関係者は常に配慮している。

 そういった配慮のひとつとして、高校球児に「変な虫」が付かぬよう、選手たちにはSNS禁止令を出している学校もある。吉田投手に関しても、関係者が吉田投手にSNSの自制を促したのでは? という見方である。もちろん、SNSを利用していたがために他の無用なトラブルに晒される危険性だってある。

 たとえば、同級生の交際相手と撮った写真を過去にアップしていれば、その名前、住所といった情報があっという間に特定される。もし、過去に掲載した写真にたばこや酒が写っていようものなら、それがたとえ本人のものではなくとも、学校などへ「通報」され、大きな騒動になってしまう。

 いまは甲子園が終わり国体、そしてドラフトに向けて、球児たちにとって大切な時期。変なトラブルに巻き込まれてはいけない、まして女性との交際など浮ついていては困るというのが指導者たちの本音だろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン