スポーツ

女子ゴルフビジュアル系の香妻琴乃 5kg減量で飛距離アップ

画になる(時事通信フォト)

 女子ゴルフ界で指折りの“ビジュアル系”といわれた香妻琴乃(こうづまことの・26)が、第一線に帰ってきた。9月14~16日に開催された「マンシングウェアレディース東海クラシック」で涙の初優勝を飾ったのだ。

 アマチュア・ジュニアの大会で活躍し、2011年にプロテスト一発合格。2014年には2度プレーオフに進出し、惜しくも敗れたものの「優勝は間近」と思われていた。

 ところがその後はスランプに苦しみ、2016年限りでシード権を喪失。今年も5試合連続を含む7試合で予選落ちに終わっていた。

「シード落ちの原因は腰痛の発症でしたが、治った後もなかなか復調できず、ストレスから体重を増やしてしまっていた。日本女子プロゴルフ協会のHPでは『身長157センチ、体重51キロ』となっていますが、今年7月のピーク時には63キロにまでなっていた。

 本人が『東海クラシック』の際に報道陣に語ったところでは、この1~2年、週3回はラーメンかトンカツを食べ、ツアーに同行する父親と一緒にワインやハイボールを20杯も飲んで“励まし合う”生活だったそうです」(ゴルフ誌担当記者)

 たしかに夏前の彼女の写真を見ると、ヒップ周りや太腿はパンパンに見える。

 それが、優勝を果たした大会はかなりスリムになった印象で、初日に1位タイでホールアウトした香妻は取材に笑顔でこう答えていた。

「暑くていっぱい汗が出るし、みんなから(太ったと)言われるし……。体を絞ろうと思って、7月7日の七夕には、短冊に『痩せますように』と願いを込めて書きました。ラーメンやトンカツを封印し、練習日や試合日にはラウンド後に5キロのランニングを続けて、1か月半で5キロの減量に成功し、58になりました」

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン