ライフ

保険と自費の「入れ歯」にはどんな違いがあるのか

「むらおか歯科(市川市)」の村岡秀明氏(撮影/岩澤倫彦)

 日本で「入れ歯」を使っている人は2000万人超と推計されている。毎日の生活に欠かせない存在だが、他人と会話中に、ポロッと「入れ歯が外れる経験」をした人、ヒヤッとした人は少なくないだろう。問題のある入れ歯が存在する背景とは? 話題書『やってはいけない歯科治療』の著者・岩澤倫彦氏がレポートする。

 * * *
 歯科大付属病院に長く勤務していた知人の歯医者(50代)は、実家に帰省して苦い思いをした。母親が自費の入れ歯を作ったものの、外れやすくて困っていたのだ。

「自費なら良い入れ歯ができる、と勧められたそうです。でも、保険の10倍の費用がかかった入れ歯を見たら、全然合っていない。年寄りを騙すなんて、同じ歯医者として情けないです」(50代の歯医者)

 知人が入れ歯を保険で製作したところ、ぴったりと外れないものができて、母親は驚いていたという。

「痛くない、外れない、噛める入れ歯という点では、保険でも十分に良い入れ歯は製作できます。“入れ歯の名人”と言われている人は、保険と同じ素材(プラスチック系のレジン)を使っていますよ」(同前)

 ただし、保険と自費の入れ歯には歴然とした違いもあると、入れ歯の製作技術を指導する、村岡秀明氏(むらおか歯科・千葉県市川市)は言う。

「保険のレジン(プラスチック系素材)は、強度を保つために厚みが約2ミリ必要ですが、これが違和感の原因になる。自費は金属で約0.5ミリと薄く作れるので、違和感が少ないのです。お見せしましょう」

 そう言って村岡氏は自分の口に手を入れ、上顎から入れ歯を取り出した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン