• TOP
  • ライフ
  • 入れ歯危機到来か、若い歯科技工士の労働環境過酷で離職8割

ライフ

2018.09.30 07:00  週刊ポスト

入れ歯危機到来か、若い歯科技工士の労働環境過酷で離職8割

 このままでは、完全に技工士不足となり、入れ歯は数年待ち、もしくは作りたくても作れないという状況は避けられない。

 ヨロヨロと杖をついていた高齢者が、入れ歯をつけると背筋が伸びてスタスタと歩いた、というケースは珍しくない。認知症の人が、入れ歯で劇的に改善したこともある。

 このように生活全般や、命さえも左右する「入れ歯」は、歯科技工士の存在が鍵を握っていることを、ぜひ知っていただきたい。

●取材・文/岩澤倫彦(ジャーナリスト・『やってはいけない歯科治療』著者)

※週刊ポスト2018年10月5日号

関連記事

トピックス