芸能

剛力彩芽とパリ旅行の前澤友作氏、パンツ切りZOZOスーツ披露

パリでも目立ちすぎだった剛力&前澤氏

「いやいや! これZOZOスーツです!」。9月下旬、夜のパリ。本誌・女性セブンの直撃に、にこやかにそう答えたのは、10月1日、自身の会社「スタートトゥデイ」を「ZOZO」へと改名し話題を呼んだ前澤友作社長(42才)だ。隣では“パートナー”剛力彩芽(26才)が見守っていた。

 前澤氏は9月中旬、アメリカの宇宙ベンチャー『SpaceX』社が提供する月旅行の最初の乗客になることを発表。民間人としては世界初の試みで、その費用は1000億円ともいわれている。しかも、その月旅行のために同伴者を募集しはじめた。

「前澤社長は6~8名のアーティストを招待し、創作につなげてもらいたいと話していました。当然、売り込みは殺到しているとか。剛力さんを連れて行くのかにも注目が集まっています」(全国紙記者)

 月旅行の予定は5年後の2023年だが、その前にふたりはパリ旅行を楽しんでいた。

「10月からパリのルイ・ヴィトン美術館で現代アートの天才といわれた『バスキア展』が開催されます。そのレセプションパーティーのメインゲストとして前澤さんが招待されました。彼は去年5月、バスキアの作品を123億円で落札していますが、その作品を今回のバスキア展に貸し出しています」(美術関係者)

 ふたりは月旅行発表の会見のため9月中旬に米・カリフォルニアにプライベートジェットで向かい、その足でパリへ移動したという。

「9月下旬にはファッションショーにも参加していました。デザイナーが変わって初めての新生『セリーヌ』のショーで、レディー・ガガやカール・ラガーフェルドらセレブリティーが集う会場でした。色違いのサングラスをお揃いでかけ、終始ラブラブのふたりの姿は一際目立っていました」(ファッション誌関係者)

 剛力は、光沢美しいセリーヌのダークグリーンのロングドレス姿。一方の前澤氏は、黒のジャケットに白のグラフィックTシャツ。黒の短パンの下には黒地に白の水玉模様とコントラスト鮮やかなレギンスを重ね着する上級テク…と思いきや、冒頭の答えが返ってきた。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン