• TOP
  • スポーツ
  • 貴乃花が恐れる合併部屋の悲劇 弟子たちを襲う25年前の悪夢

スポーツ

2018.10.16 16:00  週刊ポスト

貴乃花が恐れる合併部屋の悲劇 弟子たちを襲う25年前の悪夢

身中は複雑?(時事通信フォト)

 師匠が追われるように相撲協会を退職し、“旧貴乃花部屋”の力士たちは千賀ノ浦部屋へと移籍。小結・貴景勝ら関取3人を含む計8人が移籍してきたことで、千賀ノ浦部屋は力士17人の大所帯となった。

 そうしたなかで元貴乃花親方にとって、「弟子たちが無事これからもガチンコ道を貫けるのかが目下の最大の関心事になっている」と後援者の一人はいう。実は、合併や合流によって大所帯となった部屋でトラブルが起きることが少なくない。

「過去に親方の定年や退職で部屋が合併・吸収となった事例は25ある。2016年の春日山部屋消滅の時は、力士23人中12人が移籍に反対して引退したし、合併で居心地が悪くなったり、イジメが起きたりして辞めていく力士は少なくない。千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)も、旧二子山と旧藤島部屋の合併の際の“いざこざ”を経験しているから、不安があるだろう」(同前)

 1993年3月、貴乃花の父である藤島親方(元大関・貴ノ花=当時)が率いていた藤島部屋は、実兄である元横綱・初代若乃花の定年により二子山部屋と合併。新たに「二子山部屋」に名称変更した。

 旧二子山部屋の力士38人が藤島部屋に合流し、総勢50人の大所帯になった。千賀ノ浦親方は、合流前の二子山部屋に力士として所属しており、旧藤島部屋にいたのが貴乃花(当時は貴ノ花)だった。

関連記事

トピックス