またしても”事件”を起こした昭恵さん


「夫妻はニューヨークの日系4つ星ホテル『ザ・キタノニューヨーク』に宿泊していました。昭恵さんはそこを抜け出し、飲みに行ってしまったようです。しかも、出かけた先は上流層が暮らす一角ではなく、凶悪犯罪多発地域のダウンタウンでした」(別の政府関係者)

 日本で長い“ひきこもり生活”が続いたため、久々に人目を気にせず自由な行動を取れると喜んだのだろうか──。

「地元の人が集まるバーに入り、他のお客さんたちとかなり盛り上がったようで…。日本では自分の言動が世間の注目を集めることを意識して、抑えていましたから、その反動で飲みすぎて夜明け頃まで過ごしてしまったようで、同行関係者は相当気を揉んだそう。幸い、周囲には日本の首相夫人とは知られず、騒ぎにはならなかったようですが…」(前出・別の政府関係者)

 昭恵さんの外遊先でのトラブルは今回が初めてではない。

 2017年2月の訪米でトランプ夫妻と会食した時は、トランプ大統領がお酒を一切口にせず、同伴するメラニア夫人(48才)もお酒を飲まなかった。安倍首相も潰瘍性大腸炎を患ってから、ほとんどお酒を飲んでいない。それにもかかわらず、昭恵さんは1人で白ワイン、赤ワインと杯を重ね、泥酔状態に。

「たまりかねたメラニア夫人が“こういう大切な場で、しかも主役である夫が飲んでいないのに、酔っぱらうのはいかがかしら”とつぶやいたそうです」(政治部記者)

 昭恵さんにとって外遊は、“自由気ままにお酒を飲める場”なのかもしれない。

「ロシアに行けばウオッカを、ヨーロッパに行けばワインを酔っぱらうまで飲む。飲酒が禁じられているイスラム圏では“お酒を飲みたい”と言ってひんしゅくを買ったことさえありましたが、今回のことと比べるとかわいいもの。もし日本の首相夫人が外出先で飲んでいて、何らかのトラブルに巻き込まれでもしたら、それこそ国際的な問題になってしまうでしょう。ファーストレディーの振る舞いとしては、失格でしょう」(前出・政治部記者)

 ニューヨークで自由気ままに楽しみ、冒頭のように元気に回復した様子で羽田に降り立った。

 対照的に隣の安倍首相がお疲れ気味の様子だったのは、妻の振る舞いによる心労だけが理由ではないという。地元の後援会関係者が語る。

「8月上旬に安倍首相の実兄・寛信さんが、慶應病院で極秘で胃がんの手術を受けていたんです。寛信さんはまだ66才ですが、父親の晋太郎氏が総理の座を目前にしてすい臓がんで他界したのが67才。寛信さんの手術は無事に成功したようですが、自身も不治の病を抱える安倍首相はかなりショックを受けたと聞きます。実母の洋子さんも気が気ではないようで、安倍家は今、昭恵さんどころではないんです」

 夫の心痛もどこへやら、ニューヨーク外遊を満喫。安倍首相は、最長で3年間、首相の椅子に座り続ける可能性がある。その間に再び“昭恵問題”を引き起こさなければいいが。

※女性セブン2018年11月1日号

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン