芸能

朝ドラ『まんぷく』が好調、陰の功労者は安藤和津・奥田瑛二

安藤和津いわく、奥田は家族イチ孫を寝かしつけるのが上手だという(共同通信社)

 秋を感じる爽やかな陽気だった10月上旬、日曜日の朝9時前。抱っこひもで1才の娘を抱えたママは、とんとんと優しく子供の背をたたいてあやしながら、都内の住宅街をゆっくりと歩いていた。無造作に髪をまとめたすっぴんの彼女が、朝ドラ女優・安藤サクラ(32才)だと気づく人はいない。

 のんびり歩くこと10分、彼女が入ったのは大きな一戸建て。そこは夫・柄本佑(31才)の実家だった。

「サクラさん、今は大阪で月~金曜、朝~夕方まで朝ドラの撮影が入っていて超多忙です。佑さんは東京で仕事があるので、平日は娘さんと大阪のマンションで2人暮らし。家に帰っても息つく暇がない。週末東京に帰ったら、もうグッタリだと思いますよ」(NHK関係者)

 17年ぶりに初回視聴率が23%を超え、大ヒット中のNHK朝ドラ『まんぷく』。インスタントラーメンを開発した日清食品の創業者夫妻をモデルにした物語で、ヒロインをサクラが演じている。

 撮影場所は物語の舞台でもある大阪。単身赴任ならぬ“母娘赴任”だが、サクラをバックアップする態勢は充分だ。

「サクラさんを迎えるにあたって、NHK大阪には局内託児所が作られました。サクラさんは毎日そこにお子さんを預けているので、安心して撮影に臨めているようです。クランクインも早めに設定されたので、その分毎日午後6時か7時には撮影を終えて、サクラさんがお子さんの面倒を見られるようにしています。でも、本当に『まんぷく』を支えている“陰の功労者”はサクラさんのご両親、安藤和津さん(70才)と奥田瑛二さん(68才)ですよ」(前出・NHK関係者)

 昨年10月、サクラがオファーを受けたのは娘を出産したばかりの時だった。念願の朝ドラ主演だったが、サクラは子育てに専念するためオファーを断ろうとしていた。

「そんなサクラさんに、奥田さんは“やればいいじゃないか。これは挑戦じゃなく冒険だ”と後押しし、和津さんは“孫の面倒は私が見る”と言ってくれた。佑さんの母で女優の角替和枝さん(63才)からは“これをやらないなら、一生この仕事をやめてしまいな”と喝を入れられ、佑さんの父・柄本明さん(69才)もやるべきだ、と。それで引き受ける決意ができたそうです」(芸能関係者)

 5月に撮影が始まると、和津は大阪に足しげく通っては、娘と孫の世話を始めた。

「和津さんは、週の数日を大阪のマンションで過ごすこともある。親子ともに夫とは“W別居生活”です。サクラさんは“お母さんのおかげで東京にいるより楽なくらい(笑い)”と言っていました。収録現場に顔を見せたこともあるとか。

 なんでも、サクラさんが現場に行っている間に和津さんが洗濯や掃除や買い物をして、夕食の支度を済ませ、作り置きのおかずまでたっぷり作って娘と孫の帰りを待っている。子供が夜泣きをするとミルクを飲ませたりおむつ替えまで手伝ってくれるそうです」(番組関係者)

※女性セブン2018年11月1日号

関連記事

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン